ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

ヘッドスピードを上げる3つの簡単な方法とは?/ゴルフスイング基本

      2016/04/03

ヘッドスピード

飛距離アップというのは、ゴルファーの永遠のテーマです。

飛距離アップの条件として、ヘッドスピードの速さが重要なのはいうまでもありません。

 

しかし、ヘッドスピードを筋力で上げるにしても限界があります。

ここでは、持っている力を最大限に発揮できる、簡単な3つの方法をご紹介致します。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

バックスイングの始動から、右脇を積極的に開ける

 

まず、ヘッドスピードを上げるためには、助走が必要です。

助走距離を伸ばすことができれば、ヘッドスピードを上げる時間を作ることができます。

 

その助走距離を伸ばすとは、バックスイングを大きくするということです。

トップの位置を出来る限り、ターゲットの反対方向にもっていくということです。

『高いトップを作る』『手が背中側に回るトップを作る』ではありませんので、ご注意ください。

 

そのためには、右脇をテークバックの始動から開けていかなければなりません。

右脇を開けるということは、右肩が支点となり、右腕とクラブが一本の棒になって動きます。

このように考えると、バックスイングが大きくなるのはわかりますよね。

 

しかし、右脇を開けるとオーバースイング(トップの位置が高くなりすぎる)と思ってませんか?

実は、右脇を開けたほうが、トップが低く・コンパクトになります。

 

↑低くコンパクトなトップを作る方法のページは必ず読んでください。

 

スポンサードリンク

 ダウンスイングの途中で、シャフトをしならない

 

ゴルフクラブは、シャフトの先端に重りがついていることから、実はかなりしなりやすいのです。

トップから切り返しでは、クラブヘッドは重たいので、手元よりかなり遅れて動きます。

この手元とクラブヘッドの動きのズレが、シャフトのしなりを生みます。

 

あなたは、しならせたほうがヘッドスピードが上がると思ってませんか?

実は、これが違うんです。

 

シャフトがしなりすぎた場合、手元が先に行ってしまいます。

すると、手元が行き過ぎると、手元ののスピードが落ちて、ヘッドスピードも落ちてしまいます。

 

正しくは、ダウンスイングではできる限りシャフトをしならせずに動かし、

インパクトの手前でシャフトをしならせれば、一番ヘッドスピードが上がります。

 

では、どのような動きが一番シャフトがしなると思いますか?

 

↑シャフトをしならせない方法については、こちらのページをご確認ください。

 

体を動かさない

 

ヘッドスピードを上げるための単純な方法は、腕を早く振るということです。

腕を早く振るためには、土台である体が動かないということが、大変重要になります。

 

 

しかし、ほとんどの方が、スイングを腰の回転などのボディーターンで行なってます。

自分では、軸を保っているつもりのようですが、ヘッドスピードを上げようとするほど体も動きます。

これでは、効率よく腕を使うことができません。

 

ヘッドスピードを上げたいと思っている方は、今すぐボディーターンスイングを止めてください。

 

↑ボディーターンを止めたいと思っている方は、こちらをご覧ください。

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

 


 - 飛ばない