ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【握る力は徐々に強く】が正しいグリップの握り方/ゴルフ

      2016/03/15

グリッププレッシャー

グリップを『どの指で握るか』『どの程度の力で握るか』というのは、

皆さんも考えられていると思います。

 

しかし、グリップを『スイング中のどの段階で、どの程度の強さで握るか』

を考えられている方は少ないと思います。

 

スイング中はヘッドスピードが変わることから、常に一定というわけにもいきません

 

では、どのようにしてグリップの握る強さをコントロールすれば良いでしょうか。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

正解は、グリッププレッシャーが徐々に強くなる

 

グリップを握る力は、『ヘッドスピードが上がるごとに、徐々に強くなる』のが正解です。

 

グリップを急に強く握ると、様々なミスの原因となります。

 

スポンサードリンク

グリッププレッシャーは、切り返しから徐々に強くなっていく

 

まず、アドレスからバックスイングの間は、一定の力で握ります

 

そして、切り返しから徐々に強くなっていきます

 

クラブヘッドがスイングの最下点にきて、シャフトと右腕が一直線になったところで、

クラブシャフトは『逆しなり』します。

 

この瞬間に、グリッププレッシャー(握る力)は最大になります。

 

グリッププレッシャーが徐々に強くなることのメリットとは?

 

まず、シャフトがしなりすぎないから、ミート率が高くなります。

 

グリッププレッシャーを一定にするためには、スイングリズムも一定にしなければいけません。

そうすることで、クラブを操作しやすくなり、ミート率が上がります。

 

シャフトをしならせずに安定してスイングする方法はこちらから

 

 

スポンサードリンク

グリップが急に強くなると、シャフトがしなりすぎる

 

グリップを急に強く握ると、自分の力がクラブに伝わります

すると、スイングスピードが一気に速くなります

結果、シャフトがしなりすぎます

 

シャフトがしなればしなるほど、クラブを操作しにくくなります。

操作しにくくなれば、ミート率が落ちてしまいます

 

スイングのリズムが急に速くなると、グリップを強く握りすぎる

 

バックスイング(テークバック)はゆっくり上げているのに、

切り返し・ダウンスイングが急に速くなる人がいます。

 

これも、グリッププレッシャーが急に強くなる原因です。

 

切り返し・ダウンスイングが急に速くなるということは、

特に、飛ばしたい気持ちが強い場合に起こります

 

しかし、グリップは速く動いても、クラブヘッドは遅れることになります。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - グリップ