ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

トップの原因であるハンドファーストがダメなもう1つの理由

      2016/04/03

top

別のページでハンドファーストがダメな理由を説明していますが、このページではもう1つの理由を説明致します。

その理由とは、右手首が動きやすいということが挙げられます。

右手首が動きやすいということは、スイングが安定しない原因となります。

↓ハンドファーストがいけない理由のもう1つのページはこちら

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

ハンドファーストがトップの原因となるのは、右手首が曲がっているから

 

右手首を曲げた状態から、あなたはどのようにテークバックをしますか?

ハンドファーストのアドレスとはどのような状態でしょうか?

クラブヘッドは体の中心部分にありますが、グリップは左太ももの前あたりにあります。

ですから、右手首はくの字型に曲がっていると思います。

 

そして、テークバックに入りますが、

普通に考えると、右手首の角度を維持したまま、テークバックを行なうのではないかと思います。

 

スポンサードリンク

ハンドファーストからのバックスイングの結果、トップ位置ではどのような動きをしますか?

 

これは、右手首の角度により変わってくると思います。

グリップがターゲット方向(左方向)に近ければ近いほど、右手首の角度も深くなってきます。

 

では、右手首の角度が深い場合、トップではどのような動きをするでしょうか?

右手首はこれ以上曲がる余地がないため、アドレスでの右手首の角度を維持したまま、それほど動かないと思います。

 

では、右手首の角度が浅い場合はどうでしょうか?

テークバックでは右手首の角度を維持してあげてきて、トップではコックを入れるのではないかと思います。

どちらにしても、トップでは右手首を十分に曲げた状態になっていると思います。

 

このままダウンスイングを行なった結果、どのような動きがトップの原因になるのか?

 

切り返しは、右手首の角度を維持したまま、下ろしてくると思います。

そして、ハーフウェイダウン(腰のあたり)にクラブが下りてくるまでは、右手首の角度を維持していると思います。

そして、腰をすぎたあたりで、一気に手首をリリースすると思います。

 

この動きは、ボールをすくい上げる動きになりやすく、結果、トップになります。

 

ハーフウェイダウンから、右手首を一気にリリースするとどのようになるでしょうか?

右手首のリリースが早すぎた場合、クラブヘッドはボールの手前で最下点を迎え、

そこからクラブヘッドが浮いてきながら、インパクトします。

結果、トップとなるのです。

 

逆に、右手首のリリースが遅れた場合は、ダフリとなります。

ハンドファーストのアドレスは、右手首を使いやすいため、

タイミングが合わない場合が非常に多いです。

安定したスイングをするためには、出来る限り手首を使わないスイングを目指しましょう。

↑手首を使わないスイングの方法はこちらで確認できます。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - トップ