ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

トップの原因はハンドファーストのアドレス(構え方)にあり!!

      2016/04/03

Golf Top

トップの原因の1つとして、ハンドファーストでアドレスをしていることが挙げられます。

現代のアドレスの主流であるハンドファーストがトップの原因ということは、

ほとんどの方がトップをしやすい要素があるということです。

 

トップとは、クラブのリーディングエッジ(歯の部分)が、ボールの赤道部分より上に当たり、

ボールが低く飛んでいくことです。

ボールの赤道部分にジャストミートした場合は、勢いのある低いボールとなり、

グリーン周りでトップするとグリーンをオーバーして、結果、OBとなることも良くあります。

 

では、なぜハンドファーストのアドレスがトップの原因となるのでしょうか?

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

ハンドファーストのアドレスは、グリップが左太ももの前あたりにあるからトップの原因

 

ハンドファーストのアドレスとは、

クラブヘッドは体の中心付近にあるのに対し、グリップが左太ももの前あたりにあるアドレスです。

手の位置がボールよりターゲット方向(前方向)にあることから、ハンドファーストといいます。

 

スポンサードリンク

質問です。ハンドファーストでアドレスしスイングした場合、インパクトでのグリップ位置はどのようになりやすいでしょうか?

 

答えは、アドレスの時よりもターゲット側(左側)にグリップが位置しやすくなります。

その理由は、インパクトの時点では、クラブに勢いがついているからです。

アドレスの位置に戻そうとしても、グリップも勢いがついていることから、ターゲットよりに動きやすいです。

 

では、ターゲット方向に動きやすいということが、なぜトップの原因になるかわかりますか?

 

答えは、ダウンスイングの早い段階からグリップがターゲット方向に動くことで、

結果、クラブヘッドもボールの高さまで下りずにターゲット方向に動いてしまい、トップになってしまいます。

 

ハンドファーストで構えても、グリップがターゲット方向に動かないようにガマンすればいいじゃないの?

これは、絶対にできないとは言いませんが、クラブの勢いを止め続けて18ホール回るのは難しいです。

どんなアドレスやスイングをしても、グリップがターゲット方向に動くということは避けられません。

 

では、どんなアドレスをすればトップを防げるの?

 

それは、ハンドレイトのアドレスです。

 

ハンドレイトのアドレスは、グリップが右太もも寄りにきます。

クラブヘッドの位置は、体の中心付近でハンドファーストの時と変わりません。

クラブヘッドとグリップの位置関係は自分から見て真っすぐになり、シャフトも真っすぐになります。

 

ハンドレイトのメリットは、インパクトでのグリップの位置が、アドレスの時よりターゲット寄りに動いたとしても、

そこは体の正面になりますので、十分にコントロールすることが可能です。

 

ハンドファーストの場合、インパクトでのグリップの位置が、アドレスの時よりターゲット寄りに動いたとしたら、

体の正面から大きく外れることから、どうしようもありません。

ハンドレイトのアドレスなら、グリップがターゲット方向に動いたとしても、

クラブヘッドが下りてくる時間が十分に取れるため、結果、トップをしにくくなります。

 

↑アドレスがハンドファーストの場合のもう1つのデメリットがあります。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - トップ