ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【ゴルフレッスン】アイアンのティーの高さはミスの傾向で決める

      2016/04/03

golf Tee

あなたはどのようなティーの高さで打っていますか?

高くしていますか?低くしていますか?それとも、ティーを使ってない人もいますよね。

アイアンのティーの高さは、その人にミスの傾向で決めたほうが良いです。

その理由について説明します。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

トップが多い人は低いティー、ダフリが多い人は高いティーでアイアンスイングを矯正

 

まず、ティーの高さを決める前に、自分のミスの傾向を思い出してください。

また、その日のラウンド中のミスに合わせて、決めるのもいいです。

 

そして、ミスの傾向に合わせて、

『トップのミスが多い人は低いティー』

『ダフリのミスが多い人は高いティー』にしてください。

 

スポンサードリンク

なぜ、ミスの傾向に合わせてティーの高さを変えたほうがいいのか?

 

まず、正しいアイアンのティーショットとはどのように打つことでしょうか?

それは、ボールを横からクリーンにインパクトすることです。

 

アイアンスイングはダウンブローでなどと言われてはいますが、それは違います。

特に、アイアンのティーショットは、横からきれいにボールを捕らえないとミスになります。

ミスに合わせたティーの高さにすることで、スイングを矯正して正しいスイングに矯正することが出来ます。

 

ラウンド中にトップやダフリのミスが出たとしても、

アイアンのティーショットをすることでその後のスイングを良いものにしてくれます。

 

トップが多い場合に、ティーを低くするのはどうして?

 

トップのミスは、

・クラブヘッドがボールの高さまで下りてきていない傾向がある

・フェースターンをしやすいスイングをしていることが考えられます。

 

そこで、ティーアップの高さを低くすることで、

クラブヘッドがボールの高さまで下りてくるように矯正します。

逆に、トップのミスが多い人が、ティーを高くしたらどうなるでしょうか?

 

このようなタイプの人は、ティーが高いほうが打ちやすいのですが、

ボールが捕まりすぎて、フックボールが出やすくなります。

 

ダフリが多い場合に、ティーを高くするのはどうして?

 

ダフリのミスは、

・クラブヘッドが極端なダウンブローになっている

・ボールをしっかり捕まえきれていない可能性がある

 

そこで、ティーアップを高くすることで、

クラブヘッドが緩やかな軌道でボールにインパクトするように矯正します。

逆に、ダフリのミスが多い人が、ティーを低くしたらどうなるでしょうか?

 

このようなタイプの人は、ティーが低いほうが打ちやすいのですが、

極端なダウンブローになりすぎて、ダフリが出やすくなります。

 

まとめ

 

・ミスの傾向に合わせてティーの高さを変えることでアイアンスイングを矯正

・ラウンド中であっても、ミスに応じたティーの高さに変えれば、即効性にある矯正方法となる

・トップが多い人は低いティー

・ダフリが多い人は高いティー

・ミスの傾向と逆のティーアップをすると、ミスを助長することになるために気をつける

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - ロングアイアンが打てない