ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【シャフトフィッティング】スイングの感覚だけで自分に合うものを選ぶ基準

      2016/04/03

 

シャフトフィッティング

あなたは、シャフト選びにか迷われていませんか?

 

シャフトの固さは、R・SR・S・X・XXなどがあります。

調子には、元調子・先調子・中調子などがあります。

その他にも、重量・振動数・ねじれなど、シャフトには様々な指標があります。

 

また、Sシャフトで重量が同じなど、同様の条件であっても、

メーカーの違いにより、全く違ったものに感じると思います。

 

では、どのようにすればスイングの感覚だけで、

自分に合ったシャフトを選ぶことができるでしょうか?

 

その方法をご説明致します。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

 クラブヘッドをどれだけ待てるかがシャフト選びの基準

 

自分にあったシャフトとは、どのようなシャフトでしょうか?

それは、クラブヘッドを待つことが出来るシャフトです。

 

では、クラブヘッドを待つことができるとは、どういうことでしょうか?

 

説明するためには、クラブヘッドとシャフトが、

スイング中にどのような動きをするかを知っておかなければなりません。

 

スポンサードリンク

ダウンスイングでは、クラブヘッドは遅れることでシャフトは曲がる

 

ゴルフクラブは、シャフトの先にクラブヘッドがついています。

クラブヘッドはシャフトより重たいことから、以下のような動きになります。

 

トップからの切り返しから、ダウンスイングに入ります。

         ↓

まず、シャフトが下におりてくるのですが、クラブヘッドは遅れておりてきます。

このときに、シャフトは右側にしなります。

         ↓

グリップが下に下りてくると、グリップの動きは徐々に遅くなります。

逆に、クラブヘッドはどんどん加速していきます。

         ↓

クラブヘッドが身体の中心まできたときに、シャフトは真っすぐに伸びた状態になります。

 

このように、シャフトとクラブヘッドが下りてくるのには時間差があります。

 

ヘッドが身体の中心に下りてくるまで、身体が左に動くのをガマンできればジャスト・フィット

 

まず、自分に合っているかどうかを調べるときは、手加減なしのフルスイングでなければなりません。

これは、コースに出た際に、力が入り過ぎたときを想定しなければならないからです。

 

では、自分にあったシャフトとは?

 

それは、クラブヘッドが身体の中心に下りてきて、シャフトが遠心力で一番伸びた時に、

アドレスで作った身体の軸が左に動かずにガマンできれば、そのシャフトはあなた合ったシャフトです。

 

これが、クラブヘッドを待つことが出来ているということです。

 

このガマンの度合い(力の入れ具合い)が、小さければ小さいほど、あなたに合ったシャフトになります。

 

自分に合っていないシャフトで振った場合は、どのようになるのか?

 

自分に合っていないシャフトで振った場合、

・クラブヘッドが下りてくる前に、身体が左に動いてしまう

・       〃       身体が浮き上がってしまう

 

本当に合っていないシャフトの場合は、

どんなに力を入れても、身体が左や上に動いてしまいます。

 

これでは、クラブヘッドを待てていないことになります。

 

 

今回は、いかがだったでしょうか?

初心者の方・中級者の方は特にこの方法でシャフト選びを行なってください。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - ゴルフクラブ