ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【打ちっぱなし練習場】のレッスンが初心者におすすめ/ゴルフスクール

      2016/03/15

ゴルフスクール初心者レッスン

ゴルフスクールは様々な形態があります。

グループレッスン少人数レッスンマンツーマンインドアレッスンアウトドアレッスンなどがあります。

 

当サイトが初心者におすすめするのは、

ゴルフ練習場(通称 打ちっぱなし)で行なわれているレッスンです。

その理由について、ご説明致します。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

打ちっぱなしでのゴルフスクールのレッスンは、球筋が見えるから良い

 

打ちっぱなしで行なわれているゴルフスクールをオススメする一番の理由は、

ボールの球筋が見えるからです。

ゴルフというのは、200ヤード以上の距離までボールを運びます

 

しかし、ボールは最初から右へ左へ飛んでいく場合だけでなく、

真っすぐ飛んでいったのに、途中から右へ左へと曲がっていく場合もあるからです。

 

室内の練習場の場合、打つ距離が5メートルから10メートルぐらいがほとんどです。

これでは球筋がわかりません。

これが打ちっぱなし練習場でやっているゴルフスクールをオススメする一番の理由です。

 

スポンサードリンク

打ちっぱなし練習場で打つと、爽快感があり、ゴルフを続けたくなる

 

ゴルフの練習は大変地味です。

ボールをひたすら何球も打つだけだからです。

特に初心者の方は、良いボールを打つことが難しいので、ストレスが溜まります

 

しかし、何球も打っているとそのうち良いボールが打てるようになります

そのときは、放物線を描いて、気持ちよく飛んでいきます

これは、ゴルフ場や打ちっぱなしのような、広いところでなければ味わうことが出来ません

 

インドア(室内)でのレッスンは、コーチがナイスショットしか言わないし、言えない

 

インドア練習場でのゴルフスクールにありがちなのですが、

コーチが『ナイスショット』『いいね』としか言わないことが多いです。

 

これは、様々な状況を考えると、コーチもこのように言うしかないのです。

 

それはなぜかと言うと、以下の2つが理由です。

インドアのレッスンは打つ距離が短いから、コーチも良いのか・悪いのかわからない

コーチが初心者に教えるにあたって、最初からダメとは言えない

 

インドアのレッスンは打つ距離が短いから、コーチも良いのか・悪いのかわからない

 

先程、インドアでは距離が短すぎて、良いか悪いか分からないと説明しましたが、これはコーチも同じです。

ゴルフは、打った直後は良い球筋に見えても、その後、右へ左へ上へ下へと変化していきます。

インドアのレッスンでは、それがわかりません。

 

初心者の方に教えるコーチは、クラブにボールさえ当たれば良いぐらいの感覚でいます

ですから、明らかなミスでなければ、とりあえずナイスショットと言うしかないんです。

 

コーチが初心者に教えるにあたって、最初からダメとは言えない

 

これもしょうがないのですが、コーチが最初からダメ出しばかりしていると、生徒も面白くありませんよね。

コーチだけでなくゴルフスクールも、生徒さんにゴルフを好きになってほしい

できれば、ゴルフスクールに続けて来てほしいという思いがあります。

 

ですから、『ナイスショット』『うまくなってきてるね』としか、言いようがないんですが、

特にインドアでのゴルフスクールは、これが極端なんです。

 

以上の理由から、初心者がゴルフスクールに通うなら、

『打ちっぱなし練習場のゴルフスクール・レッスン』をオススメします。

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - その他(ゴルフ知識・情報)