ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

右手の小指球で、左手親指の付け根を押す/ゴルフグリップの握り方

      2016/03/01

クラブに効率良く、力を伝えるために一番大事なことは何ですか?

それは、グリップの握り方です。

右手の『小指球で、左手親指の『付け根を押す。

 

このグリップが出来れば、あなたのスイング・ボールの勢いは一気に向上するでしょう。

では、早速レッスンに入りましょう!

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

右手の小指球とは、どこの部分のことだかわかりますか?

ゴルフグリップ

 

指球』とは、右手の小指から手首の方へ下りていって手のひらの盛り上がった部分のことを言います。

指球』とは、親指から手首へ下りていって手のひらが盛り上がった部分のことを言います。

相撲の突っ張りのときは、この部分が相手に当たる部分になります。

 

スポンサードリンク

相撲の突っ張りは、ボクシングのパンチ以上に威力がある。これをゴルフに活かす

 

相撲の突っ張りは、ボクシングのパンチ以上に威力が出やすいのをご存知ですか?

 

ボクシングの場合は、手首を真っすぐにして、パンチしますよね。

これは、パンチの衝撃に手首が負けて、手首が曲がって・ゆるんでしまう場合があります。

 

しかし、相撲の突っ張りの場合、手首を最初から曲げて、手のひらの母指球・小指球を当てるため、

相手に力がしっかりと伝わります

これを、ゴルフに活かせば良いのです。

右手の小指球が、左手親指の付け根に当たるように握ることが、絶対的な基本

ゴルフグリップ

 

では、グリップの握り方を、順を追って説明致します。

 

まず、グリップを普段通りに握ってください。

そうすると、右手の小指球は、左手の母指球に当たっている方がほとんどだと思います。

 左手のグリップは動かしません。

右手の指はグリップを握ったまま、右手首だけ上にずらします。

右手の小指球が、左手の親指の付け根に当たるまで、上にずらしてください。

これで完成です。

 

左手の母指球は柔らかい。だから、右手の力が伝わらない。

 

ほとんどの方は、右手の小指球が左手の母指球に当たった状態のグリップです。

 

左手の母指球は、手のひらの中で一番筋肉が付いています。

ですから、大変柔らかいです。

この柔らかい部分をどれだけ強く押しても、力は伝わりません。

 

しかし、左手の親指の付け根であれば、筋肉が付いていません

ですから、右手の力を直接的に骨に力を伝えることができます。

結果、ボールに力をしっかり伝えることが出来ます。

 

ドライバー・アイアンともに握り方は同じ。また、初心者は握りだけ意識すれば十分

ドライバー・ウッド・アイアン・ウエッジなど、どのクラブでも握り方は同じです。

しかし、パターだけは繊細な方向性・距離感が必要なため、この握り方はおすすめしません

 

また、初心者の方はスイングが出来上がっていませんが、

この握り方さえ意識すれば、ボールは簡単に飛んでいきますから、十分ゴルフになります。

 

そして、スコアの波が激しい中級者の方は、スイングは出来ていても、グリップが出来ていません

グリップさえ出来てしまえば、楽にボールを飛ばせるようになります。

 

楽にボールが飛ばせるようになると、スイングに力みが無くなり、方向・飛距離ともに安定します。

結果、スコアが一気に縮まりますよ。

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - グリップ