ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

ゴルフクラブの『種類や特徴』を知りたい【クラブセッティング】/初心者必見

      2016/08/14

クラブセット

初心者の皆さんにとっては、ゴルフクラブはたくさん本数があって、どれを何に使うかわからないと思います。

本ページでは、ゴルフクラブの種類や特徴について、ご説明したいと思います。

 

ゴルフクラブの種類を大きく分けると、5種類に分けられます。

『ドライバー・ウッド』『ユーティリティー』『アイアン』『ウェッジ』『パター』です。

 

なぜ、このように分かれているかというと、

残り距離や、打つ場所のシチュエーションによって使い分けるからです。

では、クラブの種類と特徴をひとつずつ説明していきます。

初心者の方は、必見です。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

ウッド(ドライバー他)

ドライバー

 

ウッドとは、ボールを遠くに飛ばす為のクラブです。

主に、1打目を打つときに使います。

 

1番ウッド(1W)のことを、別名『ドライバー』といいます。

2番ウッド(2W)のことを、別名『ブラッシー』といいます。

3番ウッド(3W)のことを、別名『スプーン』といいます。

4番ウッド(4W)のことを、別名『バフィー』といいます。

5番ウッド(5W)のことを、別名『クリーク』といいます。

 

この中で、一番飛距離が出るクラブが『ドライバー(1W)』です。

番号が大きくなるほど、飛距離が短くなります。

番号が大きくなるほど、シャフトの長さが短くなり、ロフト角(フェース面の角度)が上を向きます

 

一般的なクラブセッティングは、1W・3W・5Wというように、ひとつ飛ばしにします。

また、2W以下のクラブを、別名『フェアウェイウッド』ともいいます。

 

なぜなら、ドライバーはティーの上にあるボールを打つのが通常ですが、

2W以下のクラブは、フェアウェイなどの地面にあるボールを打つことから、このようにも言われます。

 

スポンサードリンク

ユーティリティー

ユーティリティー

 

ユーティリティーとは、ウッドとアイアンの中間のクラブです。

見た目は、ウッドと変わりませんが、大きさが全然違います。

 

ユーティリティーの場合は、ウッドのクラブヘッドを小さくしたものが付いていますので、

クラブヘッドを滑らせずに打つことが可能なクラブであることから、簡単に打てます。

そして、ウッドと同じようなクラブヘッドの構造・形状・材質のため、飛距離が出やすくなっています

 

クラブセッティングは、

『4番ウッドなどの短めのウッド』または『3番アイアンなどのロングアイアン』を抜いて、

代わりにユーティリティーを入れている方が多いです。

 

アイアン

アイアン

 

アイアンとは、クラブヘッドが一枚の鉄板のようになっているものです。

主に、ドライバーなどのウッドを打った後の2打目など、グリーンを狙って打つ際に使います

飛距離はウッドに落ちるものの、ボールを狙った位置に落としやすいことが特徴です。

 

アイアンは通常、複数本のセットで売られており、

3番アイアン(3I) 〜 9番アイアン(9I)と、ピッチングウェッジ(PW)8本で構成されています。

 

しかし、最近のアイアンセットは、

5番アイアン(5I)からピッチングウェッジの6本セットで売られています

なぜなら、3番アイアンと4番アイアンの代わりとして、ユーティリティーを入れる方が多いからです。

 

ユーティリティーを入れる理由は、

3番アイアンや4番アイアンは、ロングアイアンと呼ばれ、シャフトが長いことから打つのが大変難しいのです。

 

ウェッジ

ウェッジ

 

ウェッジは、見た目や構造などは、アイアンと全て同じです。

アイアンとの違いは、

アプローチなどの短い距離や、バンカーなどの特殊なシチュエーションで打ちやすいようになっています。

 

以前のウェッジは、

アプローチウェッジ(100ヤード以下の距離用)

サンドウェッジ(バンカー用)

ロブウェッジ(フワリとした高いボールを打つ用)に、分かれて売られていました。

 

しかし、現在のウェッジは、

ロフト角48度〜62度まで、1度きざみで売られており、選択肢が大変増えました

また、同じロフト角でも、バンスの大きさ・高さが違うものも出ています。

 

バンスとは、クラブヘッドの底についている出っ張った部分で、

例えば、バンカーショットの場合に砂を爆発させて打つ人は、バンスが大きく・高いものを選びます。

 

パター

パター

 

パターは、グリーン上で使うクラブです。

ボールを転がすため、フェース面(ボールを打つところ)は、ほぼ垂直になっています。

 

昔のパターはピン型といって、アイアンのような形のものしかありませんでしたが、

最近のパターは様々な形のものがあります

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - ゴルフクラブ