ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【4つの原因がスイングを壊す】動画でチーピンの直し方を学ぶ/ゴルフ

      2016/04/03

 

ゴルフチーピン

チーピンとは、ボールを打った段階で左に低く飛んでいき、

その先でも左回転のかかったボールが急激に左に曲がることをいいます。

語源は、マージャン牌の7筒からきています。

別名は、ダックフックともいい、アヒルの首のように曲がったボールのことを言います。

チーピンの原因について、坂本プロがまとめた動画が一番分かりやすいので、ご紹介致します。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

チーピンの4つの原因とは・・・

右手のグリップをシャフトの下から握っている

↑こちらの動画をご覧ください。

 

右手のグリップをシャフトの下から握るということは、手首が返しやすい状態になります。

また、左手のグリップが上にくることから、左手を強く使ったスイングとなり、振り遅れやすくなります。

結果、振り遅れを無くすために、右手の返しを使うこととなり、結果、チーピンになります。

 

対処法は、シャフトを下からではなく、横から握ることです。

 

スポンサードリンク

軸が右に傾きすぎている

↑こちらの動画をご覧ください。 

 

軸が右に傾きすぎていると、ダウンスイングでクラブが寝て、フェースが上を向いた状態になります。

そのままではインパクトできないため、フェースをターンさせてボールを捕らえようとすることになり、

最悪の場合はチーピンになります。

 

又、軸の傾きを維持してスイングすると、頭が残ってまう状況が発生します。

そのような場合は、手首を返さないと打てなくなり、結果、チーピンになります。

対処法は、スイングの動きに合わせて、頭も多少動かしながら、スイングすることです。

 

右のかかとが早く浮く

↑こちらの動画をご覧ください。

 

トップからの切り返し直後の早い段階で、右のかかとが浮いてしまうと、

体が早く段階で回転することになり、結果、チーピンになります。

 

対処法は、トップからの切り返しのからインパクトまでの間、

右のかかとを地面から浮かせないように、しっかりと踏ん張ることが必要です。

 

スイング軌道が横振りで、フェースも開いた状態で打っている

↑こちらの動画をご覧ください。

 

スイング軌道が横振りになると、どうしてもフェースを開いて振りたくなります。

横振りでフェースが開いているということは、フェース面の動きが大きくなります。

これでは、たとえインパクトでフェース面が正しく向いていたとしても、結果、チーピンの原因となります。

 

対処法は、スイング軌道をもう少し縦方向にして、

フェース面もなるべくローテーションしないようにスイングすることです。

 

まとめ

・右手のグリップをシャフトの下から握らない

・軸を右に傾けすぎない

・右のかかとを早く浮かさない

・スイングを縦振りにして、フェースローテーションが少ないスイングをする

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - フック・チーピン・引っ掛け