ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

背中の筋肉の痛みが【エキセントリック収縮】であれば良いゴルフスイング

      2016/04/03

 

背筋

打ちっぱなしにいって、特打なんかした後には筋肉痛になると思います。

 

ゴルフスイングは、背中で打てなどと言われていますので、

背筋を使ってスイングしているのではないかと思います。

 

この筋肉の痛みが、エキセントリック・コンストラクションによる痛みであるなら良いです。

しかし、間違った背筋の使い方をしている人がいます。

 

背筋を使って打てといいますが、

背筋を動かして、クラブを上げたり、下げたりしている人がいますが、これは間違いです。

 

では、正しい背筋の使い方とは、どのような使い方でしょうか?

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

筋肉の収縮は『コンセントリック』『アイソメトリック』『エキセントリック』の3種類がある

 

ゴルフスイングには筋肉を使わないといけないのですが、

まず、知って頂きたいのは、3種類の筋肉の活動があります。

 

・コンセントリック・コントラクション(短縮性筋収縮運動)

関節を動かし、筋肉を収縮させて、筋力を出す運動

例えば、ダンベルなどを持って、物を持ち上げる場合など。

 

・アイソメトリック・コントラクション(等尺性筋収縮運動)

筋肉の長さを変えないで、筋力を出す運動

例えば、動かない壁を押したり、胸の前で手のひらを合わせて押し合う場合など。

 

・エキセントリック・コントラクション(伸張性筋収縮運動)

筋肉を伸ばしながら、筋力を出す動き

例えば、重たいものをゆっくり下ろす場合。

 

スポンサードリンク

バックスイングを背筋で行なっていると、筋肉が緊張して、スイングできない

 

ゴルフスイングの勘違いとして、

バックスイングを背筋を使って行なっている人がいます。

背筋を使って、身体を回転させたり、クラブを持ち上げている人がいます。

 

これは、完全に間違っています。

 

これらの動きは、筋肉の収縮でいうと、

コンセントリック・コントラクション(短縮性筋収縮運動)になります。

 

コンセントリック・コントラクションでは、身体に力が入り・固くなります。

結果、バックスイングは、固くぎこちないものになります

 

このことで起こる筋肉痛は、ゴルフにおいては間違った筋肉の使い方です。

 

正しい背筋の痛みは、インパクト周辺で起こるエキセントリック収縮によるもの

 

正しい背筋の痛みは、インパクト周辺で起こります。

 

ダウンスイング時には、クラブヘッドが加速していっています。

インパクトの手前では、遠心力が最大になりますので、クラブをしっかりコントロールしなければなりません。

 

そのために、背筋を使います。

 

背筋を使うことで、最大化したヘッドスピードと遠心力に耐えることができるのです。

 

スイング中の正しい背筋の使い方とは?

 

スイング中の正しい背筋の使い方は、

 

まず、バックスイング(テークバック)では、背筋はゆるみ、リラックスしている状況です。

そのまま、トップまでクラブを持っていきます。

        ↓

切り返しも、背筋は使っていけません。

スムーズにクラブを下ろせなくなります。

        ↓

そして、ダウンスイングにより、徐々にヘッドスピード・遠心力が増大していくときに、背筋を使います

        ↓

クラブヘッドをコントロールするために、背筋に力をいれても、クラブヘッドはどんどん加速していきます。

このときに、背筋には力が入っている状態ですが、背筋は伸びていきます

        ↓

この部分で、

エキセントリック・コントラクション(伸張性筋収縮運動)が発生します。

 

筋肉痛の原因が、このインパクト周辺でのエキセントリック収縮によるものであれば、

背筋は正しく使われているということになります。

 

今回は、正しい背筋の使い方を説明しましたが、いかがでしたでしょうか。

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

 


 - 身体の痛み