ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【フェースに乗せる感覚から】ドライバー練習メニューは3+1/ゴルフスイングの基本

      2016/09/26

golf-880532_640

あなたはどのようなドライバー(1番ウッド)の練習をされてますか? 

例えば、クラブを短く持つとか、ハーフスイングなどやっていると思います。

3つ目の右手打ちの練習は、私のオススメの練習なので参考にしていただければと思います。 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

1つ目は、高いティーアップで打つ練習です。

 

ドライバー(1番ウッド)の練習で、まずやるのがこれです。

 

高いティーアップでの練習の効果は、ボールをクラブヘッドに乗せる感覚を身につけることができます。 

この時にアームローテーションやリストターンをして捕らえようとしてはいけません。 

 

正しいスイングは、フェースをなるべくターンさせず、クラブフェースの上にボールを乗せて体重移動で飛ばす事です。 

フェースターンでしか打てない人は、コースに行くと引っかけやチーピンが必ず出ますよ。

 

ドライバー(1番ウッド)は、フェース面が垂直に近いのでボールを乗せる感覚はつかみにくいです。

フェースに乗ると、ボールが潰れた感触になります。 

 

スポンサードリンク

二つ目は、低いティーアップで打つ練習です。

 

この練習は地面とボールが近いというプレッシャーを感じがら打つことで、フェースの芯でとらえる練習になります。 

また、低い弾道のボールを打ちたいときは低いティーアップにした方が良いので、実戦的な練習でもあります。

ドライバー(1番ウッド)は、フェースに厚み(高さ)があることから、以外と難しいです。 

 

三つ目は、これが一番オススメの練習です。 

 

基本的に右手だけで打つ練習です。 

これはハーフスイングで行います。 

 

右手のグリップはしっかり持ち、左手は添えているだけの状態にします。 

右手首は伸びた状態で、逆に左手首は折れた状態です。 

要するにハンドレイトの状態にします。 

 

テークバック→ダウンスイングですが、

クラブヘッドは飛球線の後方からボールに対して、真っすぐに下りてきます。 

フォローも飛球線に真っすぐ振り抜きます

 

この練習で注意するのは、アドレスでハンドレイトの状態にして右脇を少し開けます 

これを右脇を閉めてアドレスした場合は、右脇を回転の軸としたインサイドのテイクバックになってしまいます。 

これでは飛球線後方にクラブヘッドを上げることができず、ドライバーの方向性を出すことができません。 

 

最後に仕上げとして、直ドラです。 

 

直ドラとは、地面に置いているボールを、ドライバー(1番ウッド)で打つことです。

練習場のマットは下が固いので、手首を痛めそうな方やシャフトを折ってしまいそうな方はやめてください。 

しかし、繊細なヘッドコントロールが要求されますので練習になりますよ。 

 

なお、左手は余計な動きをさせないということが1番重要です。 

 

要するに、右手の邪魔になる動きを左手はしてはいけないと言うことです。 

左手のアームローテーションなど絶対にしてはいけません。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - 練習方法