ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【最下点は常に同じ】だからドライバーとアイアンでスイングの違いはない/ゴルフのコツ

      2016/09/26

golfer-960916_640

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

ドライバー(1番ウッド)と、アイアンでスイングは違うのか?

ドライバーとアイアンではスイングを変える必要はありません

 ドライバー(1番ウッド)とアイアンの違いは、ボールの位置が違うだけです。

 

・ドライバーはティーアップしてますが、アイアンは地面にボールがあります。

・ドライバーのボール位置は左足かかと線上だが、アイアンは体の中心

しかし、『ドライバー(ウッド)』も『アイアン』も最下点は同じだからスイングに違いはありません。

 

スポンサードリンク

ドライバー(1番ウッド)と、アイアンのスイングに違いはないの?

 

スイングは変えなくていいんです。

ドライバー・アイアンの両方とも、最下点の位置はボールより右側にあります。

アイアンの最下点が、ボールより左側というのはちょっと違うんですね。

 

違うのは、アイアンはソールを滑らせてを打つということ

 

アイアンのソールは、滑りやすいようになっています。

ですから、アイアンのスイングも、ボールの手前(右側)で最下点を迎えるイメージで打っても問題ないのです。

アイアンでのダフりを恐れるあまり、直接ボールを打っている方が大変多いです。

 

ドライバーの最下点はボールの右側にあるのは当たり前ですが、

アイアンの最下点も、ソールを滑らせるのであれば、ボールの右側にきます。

 

アイアンのソールを滑らせるコツとは?

 

それは、シャフトの逆しなりを使うことです。

ダウンスイングのヘッド軌道は、基本的には上から下です。

そのままでは、クラブヘッドは地面に突き刺さります。

 

しかし、クラブヘッドが地面に突き刺さる手前で、シャフトを逆しなりさせます。

すると、上から下へのヘッド軌道が、右から左への軌道に変わります。

そうすると、アイアンのソールは、滑っていきます。

 

アイアンで直接ボールを打ちにいった場合はどうなるか?

 

ドライバーもアイアンも、ボールを直接打ちにいけば、スイングは変わらないじゃないかと考えませんか?

しかし、それは絶対にダメです。

 

アイアンで直接ボールを打ちにいった場合、

アイアンのフェースが開いた状態でボールにインパクトしてしまいます。

また、上から下へのヘッド軌道のまま、インパクトしてしまいます。

 

アイアンの場合、ダウンブローに打つイメージが強いことと、

ダフりが怖いことから、直接ボールを打ちにいきたくなります。

  

ドライバー(1番ウッド)で直接ボールを打ちにいった場合はどうなるか?

 

ドライバー(1番ウッド)の場合、

直接ボールを打ちにいった場合、ボールの下にヘッドが入り込みます。

結果、ボールは全く飛ばず、ティーだけが飛んでいきます。

 

又、ドライバーの場合、ボール位置が左かかと寄りにあるため、

クラブフェースをスクエアに戻す時間はありそうですが、

クラブの長さが長いので、結果、スクエアに戻しきれません。

 

ドライバーもアイアンも、最下点がボールのかなり手前にあるようにイメージして打ってください。

ボールを直接打ちにいってはいけませんよ。

 

ドライバー(1番ウッド)もアイアンも同じように、最下点がボールの手前にあるように打つためには・・・

 

・重心(体重)を右に残したままで

・シャフトの逆しなりを使って、クラブヘッドの軌道を変える

 

この動きをすると、ダウンスイングでは、

重心(体重)を右に残すことで、クラブヘッド・シャフト・グリップが右太ももの前に下りてきます

         ↓

このときのクラブヘッドの動きは、上から下のダウンブローです。

         ↓

しかし、右太ももの前にきた時に、シャフトの逆しなりを使えば、

上から下のクラブヘッドの軌道が、右から左への軌道に変わります。

         ↓

このように打てば、ドライバーもアイアンも、スイングを変えることなく打つことができます。

 

↑シャフトの逆しなりについては、こちらのページにて説明しています。

 

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - その他(スイング基礎)