ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【ドライバーの基本レッスン】徐々にスタンスを狭くするスイング練習がおすすめ/ゴルフのコツ

      2016/09/26

driver-training

ドライバー(1番ウッド)を苦手としている方におすすめの練習法をご紹介致します。

それは、ドライバーのアドレス時のスタンスを徐々に狭くしていく練習方法です。

この練習は、思った以上に効果があります。

ドライバー(1番ウッド)だけでなく、その他のクラブもうまく打てるようになります。

それでは、このドライバー練習方法のポイントついて説明したいと思います。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

徐々にスタンス幅を狭くしていくドランバー(1番ウッド)の基本練習の具体的なやり方

 

最初は、アドレスの時点で、スタンスを思いっきり広げたところからスタートします。

最後は、アドレスの時点で、両足をくっつけた状態まで行ないます。

 

スイング幅は、慣れるまではハーフスイングで行なってください。

その後は、フルスイングでも構いません。

スイングのイメージとしては、クラブフェースの上にボールを乗せて、運ぶようなイメージです。

 

スポンサードリンク

この練習の難しさは、徐々にスタンス幅を狭くしていくことで、スイング軸が不安定になる

 

アベレージゴルファーとプロゴルファ−の大きな違いの1つに、スイング軸の安定感に違いがあります。

アベレージゴルファーのドライバーのアドレスは、スタンスが広く・ガニ股の人が多いのです。

しかし、プロゴルファーはと言えば、スッと立っています。

 

なぜ、このような違いが出るのかというと、アマチュアゴルファーはスイング中に軸が動きすぎるからです。

これは、ドライバースイングの場合は顕著であり、軸の動きを下半身を使い、力づくでカバーしています。

スタンスを狭くしても、しっかりスイング出来るようになれば、全てのスイングの精度が向上します。

 

この練習を行なう上での注意点は?

 

・うまく打てるようになるためには、体を使わずに、腕で打つこと

 スイング軸が動きすぎる原因は、ボディーターンスイングです。

 体が全く動かないということはありませんが、出来る限り動きを抑えてください。

 体が安定すれば、腕だけでも十分に打てるようになります。

 

・出球の方向を意識する。クラブヘッドを縦に使う

 出球の方向を安定させるためには、

 クラブヘッドをターゲット後方から真っすぐおろしてこなければなりません。

 そのためには、体は横に回転しても、クラブヘッドは縦に動かなければなりません。

 クラブヘッドの軌道をより直線的にする必要があります。

 

フェースターンを抑えて、ボールをフェース面に乗せるように運ぶ

 ボールをフェース面に乗せるためには、フェースが動かないことが必要です。

 フェースターンをしない分、スイングアークを大きくして振りましょう。

 

まとめ

 

・この練習の目的は、

 ドライバースイングのスタンス幅を徐々に狭くすることで、スイング軸の動きを抑えること

・最初はスタンス幅を大きくして、最後は両足をくっつくまで

・スイング幅は、最初はハーフスイングで行ない、フルショットまでもっていく

・うまく打つためのコツは

 体を使わず、腕で打つ

 出球を意識し、クラブヘッドを縦に使う

 フェースターンをせず、フェース面に乗せるイメージで、大きなスイングアークで行なう

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - ドライバーが打てない