ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

『フェース管理』と『逆しなり(戻り)』ドライバーの打ち方は簡単

      2016/08/10

driver

ドライバー(1番ウッド)の打ち方のコツを、

最低限挙げるのであれば、『フェース管理(フェースコントロール)』と『逆しなり(しなり曲がり)』です。

 

ドライバーが(1番ウッド)他のクラブと異なるのは、『高いティーアップ』と『左足寄りのボール位置』です。

ということは、最下点では打てないことから、特にこの2点が重要になってきます。

では、ドライバー(1番ウッド)の打ち方のコツを説明したいと思います。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

『フェース管理(フェースコントロール)』は、ドライバーに特有の打ち方のコツがある

 

まず、フェース管理(フェースコントロール)とは何かと言うと、

スイング中にどちらの方向をフェースが向いているかということを、コントロールすることです。

 

ドライバー(1番ウッド)ショットと、他のクラブでのショットとの違いは、

ドライバーショットは高いティーアップと、左足寄りにあるボールです。

ですから、スイング軌道の最下点では、打つことができません。

 

ドライバーのスイング軌道は、体の中心でスイング軌道の最下点を迎え、

その後、少しずつ上がりながらボールにインパクトします。

ということは、最下点からボールにインパクトするまでに時間があるということです。

この最下点とインパクトまでの間の『フェース管理』が重要となります。

 

ドライバー(1番ウッド)以外のクラブは、

スイングの最下点でフェース面がターゲット方向(飛球線方向)を向いていれば、

真っすぐに飛んでいきます。

 

しかし、ドライバーは、スイングの最下点でターゲット方向を向いていたとしても、

その後にフェースターンをしてしまえば、左にボールが曲がっていくミスとなります。

ですから、スイングの最下点でターゲット方向にフェースを真っすぐ向けたら、

それを維持してボールまでクラブヘッドを運んでいかなければなりません。

 

スポンサードリンク

『フェース管理』後、シャフトの『逆しなり』でのインパクトが、ドライバースイングのコツ

 

上記の『フェース管理』をすることで、

クラブ軌道の最下点からフェース面をターゲット方向に向けたまま

ボール位置までクラブヘッドを運ぶということは分かって頂けたと思います.

 

では、このまま『フェース管理』をしただけで、ボールにインパクトするとどうなるかわかりますか?

実は、スライスになってしまうのです。

 

フェース面は常にターゲット方向を向けたままにすると、クラブヘッドは減速の傾向にあります。

しかし、グリップや体だけは目一杯動くことになります。

これは、典型的なスライス(右へ曲がるボール)の打ち方になります。

 

では、フェース面を向けたままボールを捕まえるためには、シャフトの逆しなり(しなり戻り)が必要です。

シャフトの逆しなり(しなり戻り)を使ってインパクトすることが出来れば、

自分はフェース面だけ意識していれば、後はシャフトの逆しなりがボールを飛ばしてくれます。

 

まとめ

 

・クラブヘッドの最下点からボールにインパクトするまでの『フェース管理(フェースコントロール)』が重要

・『フェース管理』を維持しようとすると、クラブヘッドは減速する傾向にある

・『フェース管理』が出来たなら、その後はシャフトの『逆しなり(しなり戻り)』を使って、ボールにインパクトする

・シャフトの『逆しなり』を使わずに、『フェース管理』だけでインパクトすると、スライスになるのでダメ

 

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - ドライバーが打てない