ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【ボール位置が左過ぎる】とドライバーのスライスは止まらない/ゴルフスイング

      2016/09/26

ドライバースライス

ドライバーのスライスは、アドレス時のボール位置が悪くても起こる場合があります。

アドレス時のボールの位置が変わると、球筋が変化することはご存知かと思います

特に、ドライバーの場合は、球筋が大きく変わります

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

ボールの位置が右寄りはドロー・フック系の左回転のボールになる。

 

アドレス時のボールの位置により、ボールの回転が変わってきます。

ボール位置が右寄りの場合は、ドロー・フック系の左回転のボールになります。

 

なぜなら、ボールが右寄りの場合、フェースが少なからずターンの途中だからです。

フェースがターンしながらボールにインパクトすると、『ボールに左回転』が掛かります。

結果、ドロー・フック系のボールになります。

 

ボールの位置が左寄りはフェード・スライス系の右回転のボールになる。

 

逆に、『ボールの位置が左寄り』の場合は、フェード・スライス系の右回転のボールになります。

なぜなら、『フェースターンが終了』しているか、『フェースターンが終わる手前』だからです。

 

フェースのターンが終了した状態で、ヘッド軌道はインサイドになるとボールが右回転となり、

結果、フェード・スライス系のボールになります。

 

アウトサイドイン軌道で振り、ボール位置が左寄りすぎると、スライスが止まらない

 

スライスが止まらない方の根本的な原因は、アウトサイドインのヘッド軌道です。

それに加えて、ボール位置が左寄り過ぎると、スライスを助長します。

フェースターンが終わった状態でアウトサイドインに振るから、スライスが止まらないのは当たり前なんです。

 

アウトサイドインのスライサーは、アドレスのボール位置を身体の中心に寄せる

 

まず、ドライバーのスライスが止まらない場合は、ボール位置を身体の中心に寄せてください。

ボール位置が身体の中心寄りになると、2つ良いことがあります。

 

1つは、『アウトサイドインでスイングしにくくなる』ことです。

ボールが左寄りになればなるほど、クラブヘッドがインサイドに抜けていくため、スライスを助長します。

 

もう1つは、『フェースターンの途中でインパクトできる』こと。

ボールが身体の中心であれば、フェースターンの途中でインパクトできるので、ボールがつかまります。

 

まず、スライスが止まらない場合は、ボール位置を身体の中心寄りにしてください。

 

ヘッド軌道がストレートになれば、ボール位置はどこでもいい

 

ボール位置が左により過ぎると、アウトサイドインで振りやすいからスライスになります。

しかし、『ヘッド軌道がストレート』であれば、

極端にボールの位置が左寄りでなければ、ボール位置は関係なく真っすぐに飛んでいきます

 

ヘッド軌道がストレートとは、

クラブヘッドが、ターゲットの後方から真っすぐに入ってきて

    ↓

ボールにインパクトし

    ↓

クラブヘッドが、ターゲット方向へ真っすぐ抜けていく軌道のことです。

 

『スライスを直す応急処置』としては、『ボール位置を身体の中心寄り』にしてください。

但し、普段の練習ではスライスの根本的な原因である『アウトサイドイン』を直し

『ストレート』軌道へと修正していってください。

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - スライス・プッシュスライス