ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【柔らかくて軽いシャフト】のドライバーで練習すれば初心者でも上達/ゴルフスイング

      2016/09/26

 

ドライバーシャフト

 

練習場でこんなことを言っているの聞いたことがありませんか?

 

初心者のドライバーを借りて打っている人がいます。

しかし、打った球が何度打っても、スライス・フックになってしまいます。

 

そこでよく聞くセリフが、『シャフトが柔らかすぎて打てない』

 

本当にシャフトが柔らかいから打てないのでしょうか?

 

逆に、シャフトの柔らかいもので打てるようになれば、ゴルフは一気に上達します。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

 

ヘッドスピードが速い人にとっては、柔らかく・軽いシャフトは確かに打ちにくい

 

ヘッドスピードが速い方が柔らかいシャフトを使うと、

しなりが大きくなりやすいことから、打ちづらくなることは間違いありません。

 

なぜなら、シャフトが柔らかいことにより、しなりやすいからです。

また、シャフトが柔らかいということは、シャフトが軽いです。

 

ヘッドスピードの速い人が使うシャフトは、固く・重たいです。

しかし、シャフトが柔らかく・軽いなら、そのシャフトに合わせたスイングができないといけません

 

スポンサードリンク

ヘッドスピードの速い人が柔らかく・軽いシャフトを使うとどうなるか?

 

ヘッドスピードの速い人が柔らかく・軽いシャフトを使うと、

『身体が突っ込みやすい』『身体が浮き上がりやすい』という状態になります。

 

固いシャフトの場合、自分が振った分だけクラブヘッドも同じように動きますが、

柔らかいシャフト場合、シャフトのしなり曲がることにより、クラブヘッドの下りてくるタイミングが遅くなります。

 

結果、クラブヘッドが下りてくるのを待てずに、身体が左に突っ込んだり・浮いたりしてしまうのです。

 

 

ヘッドスピードが速い人が、柔らかく・軽いシャフトで打つためには?

 

それは、テークバック・ダウンスイングで、

どれだけ『シャフトのしなりを抑えるか』ということが大事です。

 

多分、ほとんどの方は、シャフトをしならせないことを考えたことがないと思います。

 

ゴルフの難しさとは、シャフトがしなるから難しいのです。

 

固いシャフトであれば、自分の思ったとおりにクラブが動きますが、

柔らかいシャフトだと、手元を動かしても、クラブヘッドは少し遅れて動くことになります。

 

柔らかいシャフトのしなりを抑えながら、テークバック・ダウンスイングが出来れば、

どのようなシャフトでもコントロールすることができるようになります。

 

↑シャフトのしなりを抑える方法はこちらでわかります。

 

ゴルフスイングにおいてしなりを使うのは、『インパクト前の逆しなり』のみ

 

テークバック・ダウンスイングでシャフトのしなりを抑えることが出来れば、

自分の思ったところにクラブヘッドを持ってくることが出来ます。

 

そして、インパクトの手前までくると、ここで『シャフトの逆しなり』を使います

シャフトの逆しなりを使うと、ドライバーの飛距離・方向性が増します。

 

↑ドライバーの飛距離・方向性アップについてはこちらから

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - 練習方法