ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

ドライバーの方向性は【フェースが真っすぐでも真っすぐ飛ばない】

      2016/04/03

 

ドライバーの方向性

2つ前の記事で、ドライバーの飛距離アップには、

カーボンシャフトを瞬間的に鋼鉄化するということということを説明しました。

アニメ『ONEPEACE』の『鉄塊』のようにと。

 

↑前の記事を読まれていない方は、まずこちらから読んでください。

 

しかし、シャフトを硬化させることで、ドライバーは飛距離アップが出来たとしても、

これだけでは方向性を出すことはできません。

 

この時点での説明だけでは、ほとんどの人が右へのミスになります。

スライス(右に大きく曲がる)か、プッシュスライス(右に真っすぐに飛んで行く)

のどちらかが多くでると思います。

 

飛距離もアップしていると思いますので、

現段階でコースで打てば、ほとんどの方が右方向へのOBになっていると思います。

とたんに、ドライバーをフルスイングすることが怖くなります。

 

2つ前のページでも書いているとおり、ドライバーのフルスイングを避けると

フルバックから回ることも、シングルの仲間入りをすることも一生できません。

 

ゴルフの上達の近道は、ドライバーのフルショットを理論的に覚えることです。

 

ドライバーのフルショットをコントロールできるようになれば、

・フェアウェイウッド・ユーティリティー・アイアン・ウェッジ・パターの

全てのクラブが打てるようになります

・ショット・アプローチ・バンカーショット・パットなど

全てのシチュエーションにおいて、同じようにスイングすることができます。

 

では、ドライバーの方向性を出すための考え方を説明していきましょう。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

ドライバーで真っすぐ打つには、フェース面を真っすぐにすればOKという考え方がナンセンス

 

ドライバーショットの方向性を安定させる勘違いとして、

フェース面をターゲットの方向に真っすぐ向ければ、真っすぐに飛びそうな気がしますよね?

 

しかし、この考え方は半分しか当たっていません

 

スポンサードリンク

ドライバーは当たり負けして、スライスしやすい構造になっている曲者のクラブ

 

ドライバーというのは、シャフトが長く、ヘッドが軽いので、大変曲者なんです。

 

ドライバーショットのインパクトを考えて見てください。

 

ドライバーのシャフトは、長く・しなりやすく出来ています。

インパクトの瞬間、クラブヘッドを正しく持ってきているつもりでも、

アマチュアの場合、実は振り遅れていることがほとんどです。

 

ドライバーのヘッド重量は非常に軽く、ゴルフボールは非常に固い

 

ドライバーのヘッドは、中身は空洞で、非常に軽い構造になっています。

そして、ゴルフボールは、中身が詰まっていて、外装のカバーは非常に固い素材です。

ですから、非常に当たり負けが起こりやすいです。

 

インパクトの瞬間、クラブヘッドを正しく持ってきたとしても、

・ボールに完全に当たり負けすれば、フェースの方向は変わってしまう

・ボールに完全に当たり負けてはいないが、クラブヘッドのターゲット方向への動きが止まってしまう

 

クラブヘッドの当たり負けを考慮したスイングをしなければ、方向性は一生安定しません。

これは、ドライバーだけではありませんが、特にドライバーに関しては他のクラブより意識が必要です。

 

次のページでは、方向性を出すための、具体的なドライバーの打ち方をご説明します。

 

今回は、ドライバーの特性を知ることで、

フェースを真っすぐにしても、ボールは真っすぐには飛ばないということを説明致しました。

 

1つめの『振り遅れ』に関しては、皆さんもご承知かと思いますが、

2つめの『当たり負け』については、知らない方が多かったのではないかと思います。

 

次回はいよいよ、ドライバーの方向性を出すための具体的な方法を説明致します。

 

↑本ページの続きはこちら

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - ドライバーが打てない