ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【インパクトは必ず当たり負ける】これを理解すればドライバーの方向性は安定

      2016/04/03

 

当たり負け

今回は、ドライバーショットが真っすぐになる

クラブヘッドのメカニズム(動き)について説明します。

 

ドライバーショットをターゲットに真っすぐに打ちたい場合に、

あなたはフェース面をターゲットに真っすぐ向けますよね?

 

これが間違いであることをご存知ですか?

 

本ページの内容をより理解いただくためには、

前回・前々回のページを見ていただければと思います。

 

↑本ページを読む前に、まずはこちらから見てください。

↑次にこちらを見て、本ページを読んでください。

 

それでは早速、本題に入りたいと思います。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

まず、ドライバーの飛距離を伸ばすためには、

シャフトが遠心力で一番伸びている状態が、シャフトが一番強く・固くなければならない

ことは、ご理解頂けたと思います。

 

そこで、あなたはシャフトが遠心力で一番伸びた状態で、フェースをターゲット方向に真っすぐ向けてインパクトすれば、ボールは曲がらずに・飛距離も出ると思ってませんか?

 

しかし、これではダメです。

飛距離もイマイチで、方向性も全く合いません。

 

それはなぜでしょうか?

 

なぜなら、クラブヘッドは、ゴルフボールに対し、必ず当たり負けるからです。

 

シャフトが遠心力で一番伸びきっていて、一番固く強い状態であっても、必ず当たり負けます

 

これは、当たり負けをするということは絶対です。

 

スポンサードリンク

インパクトでフェースが真っすぐなら右に飛ぶ。では、真っすぐ飛ばすためには?

 

もう解りますよね。

正解は、ボールを真っすぐ飛ばすためには、フェースは左を向けてインパクトしないといけません

 

これは、ドライバーだけではありません

フェアウェイウッド・ユーティリティー・ウェッジ・パターの全てにおいてです。

 

パターは、真っすぐとほとんど変わらないですが、それでも左を向けないと当たり負けます

 

ストレートボールを打つには、クラブヘッドの軌道はストレートで、フェースの向きが左向き

 

ターゲット方向に真っすぐ打ち出すためには、

クラブヘッドはインパクトゾーンを真っすぐに動きフェースは左向きで振っていきます。

その状態でボールにヒットすると、ヘッドは当たり負けて、フェースは真っすぐになります

 

クラブヘッドは真っすぐに動き、フェースの向きは自動的に真っすぐになります。

結果、ターゲットに向けて、真っすぐに飛んでいくのです。

 

フェースを左に向ける方法を間違うと、ただの引っ掛け・チーピンになる

 

ただ単にフェースを左に向ければ、真っすぐ飛ぶというのではありません。

間違ったフェースの向け方をすると、引っ掛け・チーピンになるだけです。

 

フェースを左に向ける方法については、次のページで説明します

 

↑本ページの続きはこちらから

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - ドライバーが打てない