ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【右手のひらを広げて・固くする】ドライバー飛距離アップは簡単/ゴルフスイング

      2016/03/15

右手

ドライバーの飛距離をアップさせるためには、右手の力を効率良く使わなければなりません。

そのためには、右手のひらに注意しなければいけません。

しかし、アマチュアゴルファーのほとんどが、右手のひらの使い方を間違えています。

 

ゴルフクラブ・グリップに効率良く力が伝わっておらず、

腕力のわりには、ヘッドスピードが上がらず、ボールを効率良く押し潰せていません

しかし、今から説明することはすごく簡単なことですから、意識さえしていれば大丈夫です。

では、早速レッスンに入りましょう。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

手のひらを広げると、手のひらの表面が伸びて固くなる。

 

手のひらを広げると、手のひらの表面が伸びて固くなります。

逆に、手のひらを丸めると、手のひらの表面が柔らかくなります。

 

右手の力をゴルフクラブに効率よく伝えるには、どちらが良いでしょうか?

簡単ですよね。

右手のひらが固いほうが、ゴルフクラブに効率良く、力が伝わります。

 

スポンサードリンク

右手のグリップが左手を包み込んで握っているから、ドライバーの飛距離がアップしない

 

現在の主流の右手のグリップ方法は、右手のひらを、グリップの真横から当てて握ります。

ここまではいいのですが、その後、右手で左手を包み込むように握っています

これでは、右手が丸まって、右手のひらの表面が柔らかくなります

これでは、右手のパワーをゴルフクラブに伝えることはできません。

 

右手のひらを真横から当てた後は、右手のひらを広げたまま、右指をクラブに軽く引っ掛ける

 

正しい握り方は、以下の手順で握ってください。

 

右手のひらを広げた状態で、グリップの真横から当てる

右手のひらを広げたまま、右手の人差し指・中指・薬指をグリップに軽く引っ掛ける

右手の親指は動かさない

右手のグリップ完了

 

絶対にやってはいけないのは、右手の親指で、左手の親指を上から押さえる・包み込むこと

 

グリップの握り方には個人差がありますが、

一般的には右手の親指で、左手の親指を押さえたり・包み込んだりするゴルファーが多いです。

その理由は、右手の親指を使って、ゴルフクラブをしっかり持とうとするからです。

しかし、これは絶対にしてはいけません。

 

その理由は、2つあります。

 

ひとつは、グリップに力が入りすぎるからです。

右手に力が入りすぎると、ヘッドスピードが上がらず、ドライバーの飛距離ダウンになります。

もうひとつは、右手のひらが丸まってしまいます。

これも、ドライバーの飛距離ダウンにつながります。

 

正しいグリップは、左手の親指と右手の親指は『くっついてはいけない』

 

ゴルフクラブを支えるのは『左手』

ゴルフクラブに力を与えるのは『右手』

このことを覚えておいてください。

 

右手の親指で押さえるたり、包み込んだりしないとゴルフクラブを安定して振れない方は、

左手でゴルフクラブを支えられていないことになります。

 

右手の親指を浮かせても、スイングできるようにならなければなりません。

そうすれば、右手はドライバーの飛距離アップのためだけに使うことができます。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - 飛ばない