ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【右腕とシャフトが一直線で長尺に】ドライバー飛距離アップ/ゴルフスイング

      2016/09/26

ドライバー飛距離アップ

ゴルフクラブの中で、一番飛距離が出るクラブはドライバーです。

では、なぜドライバーが一番飛ぶのでしょうか?

 

それは、全クラブの中で、ドライバーのシャフトが一番長いからです。

理論的には、シャフトが長くなればなるほど、ドライバーの飛距離はアップします。

しかし、現実的にはドライバーのシャフトが長くなるほど、ドライバーをコントロールすることが難しくなります。

 

では、ドライバーのシャフトを長くしないで、距離をアップするにはどうすればよいでしょうか?

それは、右腕とシャフトを一直線にして、一体化させればいいのです。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

右腕がシャフトと一直線になれば、右腕もシャフトの一部となる

 

右腕とシャフトが一直線になるということは、

ゴルフクラブのシャフトに、右腕の長さがプラスされることになるのです。

 

右腕もシャフトと同じと考えれば、ものすごくシャフトの長いドライバーになります。

となれば、ドライバーの飛距離がアップするのは当然なんです。

 

スイング中に手首が動きすぎると、シャフトが折れて・短くなったのと同じ

 

スイング中に手首が動きすぎる人を見かけます。

 

手首が動きすぎるとは、

手首がグニャグニャ

コックを大きく使いすぎ

ハンドファーストで右手首が曲がっている

 

これは、ドライバーのシャフトを途中で折ったのと同じです。

これでは、飛びません。

 

左腕とシャフトが一直線ではダメ。右腕じゃないといけない

 

ほとんどの方は、左腕とシャフトを一直線にしようとします。

しかし、左腕ではダメなんです。

 

なぜなら、左腕とシャフトが一直線のままインパクトすると、

ボールが捕まらずスライスボールになってしまいます。

結果、左手首を曲げて、ボールを捕まえにいくのです。

 

左手首を曲げるということは、逆に右手首が伸びて、右腕とシャフトが一直線になるのです。

捕まったボールを打つためには、最後は右腕とシャフトが一直線にならないといけないのです。

これでは、左右の手首が伸びたり・曲がったりと、手首が動きすぎてしまいます。

 

最初から最後まで、右手首を伸ばし、右腕とシャフトが一直線のイメージで振る

 

アドレス時点から右手首を伸ばし、右腕とシャフトを一直線にします。

そして、アドレスで作った状態のまま、最後までスイングすることが大事です。

結果、ヘッドスピードもスムーズに上がり、ドライバーの飛距離アップにつながります。

 

『右腕とシャフトを一体化』させて、スイングの『最初から最後まで同じイメージでスイング』する。

これを続けることで、自然にドライバーの飛距離がアップしますよ。

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - 飛ばない