ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【フェースを返さない】ドローボールの簡単な打ち方/ゴルフ

      2016/03/15

 

ドローボール

 

あなたは『ドローボール』(ターゲットの右に飛んだ後に左に曲がるボール)を打つ場合、

フェースを返したり(閉じたり)していませんか?

 

フェースを返さなければ、『ドローボール』が打てないと思っていませんか?

フェースを返すドローボールは、『ミスが起こりやすい』です。

 

フェースを返しすぎると、チーピンや引っ掛け。

フェースが返らないと、スライス・プッシュスライスになります。

フェースを返さないでも、ドローボールは打てます。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

スポンサードリンク

フェースを返さない(閉じない)ドローボールのアドレス

 

まずは、『ストレートボールを打つときのアドレス』をします。

 

ここから『ドローボールを打つためのアドレスに変えていきます』が、1つ注意して欲しいことがあります。

 

『グリップを握り変えないでください』

 

ドローボールのグリップについて、

『フェースを少し被せて握り直すこと』という間違った指導を耳にすることがあります。

 

しかし、握り直すことは『絶対にしてはいけません』

これをすると、『左に曲がりすぎます』

 

なぜなら、ドローボールは『フェースの向きを左に向けて(閉じて)打つわけではありません』

フェースの向きは、常にターゲット方向を向いたまま、『ヘッド軌道だけを変えて打つ』のです。

 

次に、『スタンスをターゲットの右側』に向けていきます。

このときに、『フェースの向きは変えずに』おこなってください。

 

これで、フェースを返さないドローボールを打つためのアドレスは完成です。

あとは、『スタンスの向きと同じ方向にスイング』すればいいのです。

 

フェースを返さないドローボールは、インパクトのイメージが重要

 

『フェースの向きがターゲット方向のまま』『スタンス方向に振っていけば』ドローボールが打てます。

 

しかし、それだけでは『安定したドローボールを打つことはできません』

 

実は、1点注意することがあります。

 

それは、クラブヘッドの『ヒール側を浮かせて、トゥ側でボールにインパクト』するです。

このようにすると、『地面に触れるのはトゥ側だけ』になります。

 

『地面の摩擦抵抗が少ない』ことから、『フェースの向きとヘッドスピードが安定』し、

結果、『曲がり幅が安定したドローボール』が打てます。

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - ドロー