ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【ゴルフレッスン】アイアンのダウンブロースイングの基本は打ち方じゃない

      2016/04/03

ダウンブロー

アイアンのダウンブローは、ゴルフスイングの基本であるかのような書き方があります。

練習場にいくと、ドンドンとすごい音を立てて打っている人もいます。

そして、アイアンだけでなく、ドライバー・ウッド・パターなどもダウンブローで打っている人がいます。

これでは、一生スイングはよくならないですね。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

なぜ、みんなはアイアンをダウンブローで打つのか?

 

アイアンのすくい打ちをしたくないという気持ちが働く

アイアンをすくい打つと、ボールの下をくぐり、ボールが全く飛びません。

 

・プロが打っているのを見ると、芝がゴッソリ取れている場面を見る

そのようにするには、相当な力で打ち込まないといけないと勘違いしている。

 

・アドレスが極端なハンドファーストだから、勝手にダウンブローになる

一時期の雑誌で、アイアンはハンドファーストでダウンブローで打ち込むことを良しとしていた。

 

スポンサードリンク

アイアンをダウンブローで打つと、どのような弊害があるのか?

 

・ダフる

単純な話ですが、上から下に打ち込めば、リーディングエッジが引っかかり、ダフリます。

 

・ラフやティーグラウンドで打てない

ラフの上に浮いているボールを打ったら、すくってしまって全くボールが飛びません。

また、ティーアップしたボールも同じです。

ダウンブローの人は、アイアンのティーショットでダフっている人が多いですね。

 

・極端なハンドファーストでなければ、打てなくなる。

ダウンブローで打つ人は、ハンドファーストで構えます。

そして、クラブヘッドだけを上から下に打ち下ろすように打ちます。

このような方は、手首を使って打ちます。

 

シャフトの短いピッチングウェッジなどは、この打ち方で打てますが、

ドライバー(ウッド)などのシャフトが長いクラブでは、この打ち方では打てません

 

ハンドファーストのアドレスでは、グリップエンドが左へ突っ込んでいき

それを補うために手首などを使って、クラブヘッドを動かします。

 

これでは様々なミスが起こります。

 

ダウンブローがダメなら、アイアンはどのように打てばいいのか?

 

まず、ダウンブローで打てないようなアドレスが必要です。

ハンドファーストをやめて、ハンドレイトにしてください。

 

↓こちらの動画は参考になりますので、ご覧ください。

 

ハンドファーストの状態では、左太ももの前にクリップがあると思います。

ハンドレイトにアドレスするには、ハンドファーストの状態から、

クラブヘッドは地面につけたままで、クリップだけを右太ももの前に持っていきます。

 

そうすれば、シャフトは真っすぐになると思います。

この状態であれば、打ち込むことは難しいですよね。

 

次に、テークバックを手首を使わないで、始動してください。

テークバックの始動で手首を使うということは、

クラブヘッドが上にあがることになるので、結果、上から打ち込みやすくなります。

 

手首で上げるのではなく、腕全体でテークバックしてください。

 

ここまで出来れば、緩やかな入射角でボールを捕らえることができ、しっかりボールだけを打つことができます。

結果、ダウンブローによるダフリなどのミスはなくなります。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - ダウンブロー