ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

ダウンブローのやり過ぎはコースで使えない【ゴルフスイング】

      2016/04/03

ダウンブロー

ダウンブローとはどういう打ち方でしょうか?

それは、クラブヘッドがトップの位置から、ボールに向かって鋭角におりてくる打ち方です。

 

ゴルフ練習場では良いボールが出ても、コースに出ると打てないでしょう。

ゴルフ練習場は、床が固く、人工芝が滑りやすいのでダウンブローでも打つことができますが

コースはそんなに恵まれた環境で打つことはありません。

 

また、プロゴルファーが打った際に、芝生が飛んでいくのを見て、

ダウンブローが正しいと勘違いしている原因だと思います。

 

では、どのようにすればよいでしょうか?

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

ダウンブローで打つ人の特徴は・・・ロングアイアン・ウッドが打てない

ショートアイアンであれば、ダウンブローで打ってもクラブをコントロールすることが可能ですが、

ロングアイアンやウッドは打てない方が多いです。

 

ロングアイアンやウッドは、ロフトがないことから、ボールをクラブフェースの上に乗せるのが困難です。

ですから、ロングアイアンやウッドは、緩やかな入射角で打たなければ、ボールは上がりません。

 

スポンサードリンク

2つめの特徴は・・・アドレスがハンドファースト

ハンドファーストのアドレスの場合、

インパクトの時点のグリップ位置が、アドレスでもグリップ位置より左寄りになります。

ということは、ボールに向かって上から直線的に打ちにいくことになり、ダウンブローになります。

 

3つ目の特徴は・・・ボールが浮いた状態のラフや、アイアンでのティーショットが打てない

ダウンブローで打つということは、クラブヘッドの軌道が上から下になります。

ボールが浮いた状態のラフや、アイアンでのティーショットの場合、

ボールの下に隙間がある状態です。

 

この状態でダウンブローをするとどうなるでしょうか?

クラブヘッドがボールの下をくぐって、ボールが全く飛びません。

 

では、どのように打てば良いでしょうか?

それは、ボールを横から打てるようにならなければなりません。

 

まず、アドレスです。

アドレスは『ハンドレイト』にしてください。

ハンドレイトは、グリップ位置が体の中心より右側にありますから、ボールを横から打つことが可能になります。

 

スイング中は、『手首を固定』しなければなりません。

手首を固定することができれば、インパクトでボールを横から押し出すことができます。

手首を曲げて、ダウンスイング時にはタメを作るとか、インパクトでボールをすくい上げるなどしてはいけません。

 

『ハンドレイト』と『手首の固定』の2つが出来れば、ボールだけをクリーンに打つことが可能です。

コースのどうような状況でも対応することができれば、スコアアップにつながりますよ。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - ダウンブロー