ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

ゴルフ初心者(ビギナー)のクラブ選び【最初は中古購入。費用を抑える】

      2016/04/04

golf-284629_640

道具選びの重要点は以下の3つです。 

・ゴルフクラブに詳しい方、よく買い換えている方とお店に行く 

・簡単すぎず、難しすぎないクラブを選ぶ 

・シャフト選び 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

ゴルフクラブに詳しい方よく買い換える方とお店に行く 

 

ゴルフクラブメーカーは、メジャーからマイナーまで多種多様です。 

 

また、近年は中古ゴルフクラブ屋が台頭してきており、選択肢も大変増えました。 

同じメーカーが出してる同じシリーズのクラブでも、新作が人気であるとは限りません。 

将来的に買い換えることも考える際、後々買取に出せるものが良いと思われます。 

 

となると、初心者(ビギナー)が選ぶ事は難しいです。 

 

ゴルフクラブに詳しい方やよく買い換える方であれば、 

クラブの知識があるだけではなく、安く買えるお店も知っています。 

顔なじみのお店であれば、思った以上に安く買えることもあります。 

 

1番やってはいけないことが、 

一人でゴルフショップに行き、ゴルフシュミレーションで打った結果で決めることです。 

初心者(ビギナー)の方はまだスイングが出来上がっておらず、練習すればスイングはどんどん変わっていきます。 

ゴルフシュミレーションの結果で決めないでください。 

 

スポンサードリンク

簡単すぎず、難しすぎないクラブを選ぶ 

 

お気に入りのプロが使っているゴルフクラブを初心者がいきなり使うということは、大変難しいです。 

プロが使っているゴルフクラブは、基本的にスイートスポットが小さく、当てるだけでも難しいです。 

 

かといって、簡単すぎるものもお勧めしません。 

簡単すぎるクラブの特徴として、基本的にはクラブヘッドが大変大きいです。 

 

簡単すぎるクラブは、練習場ではうまく打てます。 

しかし、ゴルフ場には傾斜や障害物など打ちにくい状況がたくさんあります。 

結果、クラブヘッドの大きさが、逆に打ちづらさを感じさせます。 

ですから、簡単すぎず、難しすぎないものを選んでください。 

 

シャフト選び 

 

シャフトの種類は、硬くて重い方から、X.S.SR. Rに大別されます。 

 

柔らかく軽いシャフトになればなるほど、シャフトがしなりやすいため、

シャフトの力を利用してボールを飛ばすことができます。 

しかし、ヘッドスピードが速い人にとっては、

シャフトがしなりすぎるため、当てることが難しくなります。 

 

逆に、硬くて重いシャフトになればなるほど、シャフトがしなりにくいため、

自分の力でボールを飛ばさなければなりません。 

しかし、ヘッドスピードが速い人にとっては、適度なしなりとなり、ボールに当てやすいです。 

 

初心者(ビギナー)の方はヘッドスピードもあまり早くないためSRが打ちやすく感じると思うのですが、

練習を重ねていくとヘッドスピードが上がってきます。

結果、SRでは柔らかすぎ・軽すぎで、難しく感じると思います。 

 

シャフト選びは初心者(ビギナー)の方であっても、「男性はS」をお勧めします。 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - ゴルフクラブ