ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【インパクトで左肘を抜く】ドライバーの飛距離アップは簡単/ゴルフスイング

      2016/09/26

ドライバー飛距離アップ

あなたは、『左肘』をどのように使っていますか?

ドライバーの飛距離アップには、左肘の使い方が重要です。

 

では、左肘の使い方を説明していきたいと思いますが、

飛距離アップの条件として・・・・

インパクトでボールが潰れた後に元に戻る力(復元力)がカギになりますので、

まずは、下記リンク先のページをご覧ください。

それでは、ドライバーの飛距離アップのための左肘の使い方をご説明します。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

インパクトで左肘を締めると、左肘から先がターンして、ボールに無駄な回転がかかる

 

インパクトで左肘を締めるとは、左肘がターゲット方向に動かないようにすることをいいます。

インパクトで左肘を締めると、左肘の動きが止まります

しかし、クラブは動いていることから、左肘から先がターンしながら動きます。

 

ということは、フェイス面がローテーションしながら、ボールにインパクトすることになります。

左肘から先が大きくターンしすぎた場合は、ボールに左横の回転が掛かりすぎます。

ボールに回転が掛かりすぎているということは、ボールの表面を擦っているだけです。

これでは、ドライバーの飛距離アップにはなりません。

 

スポンサードリンク

インパクトで左肘を開けば、ボールを押し潰せる

 

左肘を開いて、身体から左肘を離す動きを『左肘を抜く』といいます。

一般的なゴルフ理論は、インパクトで左肘が開いてはいけないと言われています。

 

しかし、左肘を抜けば簡単にドライバーの飛距離はアップします。

それはなぜかと言うと、インパクトでボールを長く押すことができるからです。

ボールを長く押せば押すほど、大きくボールが潰れます

 

左肘を閉じている場合は、フェイスがターンするのでボールを真っすぐに押すことが出来ません

ボールを擦るように当たるので、ボールを押す時間は一瞬です。

 

アドレスでは左肘を閉じて、トップから徐々に開けて、インパクトでは左肘を抜く

 

左肘の開き方は、以下の手順でやってください。

  1. アドレスで左肘を締める
  2. 左肘を閉めたまま、トップまで持っていく
  3. 切り返しから徐々に左肘を開いていく
  4. インパクトで左肘を抜いて、ボールを押し潰す

 

アドレスの時点では、『ハンドレイト』なら勝手に締まりますので力はいりません。

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - 飛ばない