ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【トゥダウンのインパクト】はボールとの距離感が大事/ゴルフ

      2016/03/15

ボールとの距離感

前のページでは、クラブのソールの『ヒール側を上げて』『トゥ側を下げて』

インパクトすることが良いことを説明致しました。

しかし、ボールとの距離感を間違うと、トゥダウンでのインパクトが出来ません。

 

ここでは、正しいトゥダウンでのインパクトのための、適切な距離感の作り方をご説明します。

その前に、下記のページを読んで頂き、

『トゥダウンのインパクトがなぜ良いのか』を理解した上で、このページを読んでください。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

ボールとの距離感が『遠い』と『近い』では、どちらが良いか?

トゥーダウンでインパクトするためには、ボールとの距離感が『近くないといけません』

では、今から言うとおりにやってみてください。

            ↓

ソール全体(クラブヘッドの底)を地面につけて、普通にアドレスしてください。

            ↓

アドレスは、『ハンドレイト』で構えてください。

『正しいハンドレイトの方法』は、こちらをご覧ください。

            ↓

アドレスで作った手の位置を動かさずに、手首だけでクラブヘッドだけを自分の方に動かします。

            ↓

すると、ソールのトゥー側(先端)だけが地面についたままヒール側は浮いてくると思います。

            ↓

トゥダウンでの正しいインパクトになります。

 

スポンサードリンク

ハンドレイトのアドレスは、手の位置は身体から離れるが、ボールとは近くなるから安定する

当サイトの他のページでは、『ハンドレイトでのアドレスのメリット』をご説明しています。

ハンドレイトのアドレスは、『グリップが身体から離れるので不安定に感じる』と思います。

しかし、『ボールの位置を身体に近くする』ことで、『インパクトの不安が無くなります』

 

また、『グリップは身体から遠く』『ボールは身体に近い』ことから、

一般的なハンドファーストのアドレスと比べると、シャフトの角度は立ち気味になります。

シャフトの角度が立ち気味ということは、スイング軌道が縦向きになり、方向性が出せます

 

ハンドファーストのアドレスでは、シャフトの角度が寝て、ボールとの距離感が遠くなる

ハンドファーストのアドレスのグリップ位置は、左太ももの前あたりで、自分の身体に近い位置にあります。

そして、ボール位置も少し離れなければ、構えることができません

 

ボール位置とグリップ位置の両方が身体に近いと、窮屈すぎてスイングが出来ないからです。

ボールとの距離感が遠くなればなるほど、ソールのヒール側が地面にあたり、

ダフリなどのミスが起こりやすくなります。

 

また,ハンドファーストでアドレスした場合のシャフトの角度は、

ハンドレイトのアドレスより、クラブシャフトが寝ることになります。

クラブシャフトが寝れば寝るほど、スイング軌道は横回転になります。

結果、方向性が安定しません

 

トゥダウンでインパクトすると当たり負けすると思っていませんか?

ボディーターンでスイングしている人にとっては

トゥダウンでのインパクトは、『当たり負け』『飛ばない』『方向が悪い』などの、

様々なミスになると思います。

 

しかし、以下のページを読んで頂ければ、考えも変わると思います。

ボディーターンのスイングは、そろそろ卒業しましょう。

 

↑まずは、ハンドレイトで構えることが、脱ボディーターンの近道です。

↑脇を締めるから、ボディーターンの円軌道になるのです。ヘッド軌道は直線です。

↑ボディーターンを止めれば、手首の返し・コックは不要になります。

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - アドレス