ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【ゴルフ基本練習】方向性安定はノーコックスイング

      2016/04/03

 

directionality

方向性を安定させる最良の練習は、ノーコックで打つ練習です。

コックを使うスイングは、フェース面が動きやすいことから、方向性が安定しません。

また、ノーコックスイングで打ったことがない方も、この練習をすれば感覚をつかんで頂けると思います。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

方向性を高めるこの練習で大事なことは?

 

『右手首は常に伸びた状態

『ヘッド軌道はターゲットに対して、常に真っすぐ

大きくゆったり振る』

『ボールをフェースに乗せて運ぶ感覚』

スポンサードリンク

【基本練習】ハーフスイングでノーコックスイングの打ち方

 

まずは、ノーコックスイングをしたことがない方は、ここからスタートです。

では、練習方法を具体的に説明致します。

 

・アドレス

 スタンスは通常のスクエアスタンス

 ハンドレイトで構える

 ※グリップ位置は、体の中心より右寄り。体から少し離す。右手首は伸びている

 ハンドレイトで構えると、前傾姿勢が深くなる

 

・バックスイング

 ターゲット後方に真っすぐクラブヘッドを上げる

 体の回転を抑える

 右手首は伸びたまま

 

・トップ

 ハーフスイングなので、クラブヘッドの位置は、自分の体の右斜め前

 ※クラブヘッドの位置が、自分の体の右真横にある場合はダメ

  『体の回し過ぎ』か『手元をインサイドに引き過ぎ』が原因

 

・ダウンスイング

 右手首は伸びたまま

 大きくゆったりと下ろしてくる。

 ヘッド軌道は緩やか

 

・インパクト

 右手首は伸びたまま

 クラブヘッドとグリップとシャフトが、一直線

 ※グリップが先行して、ハンドファーストになってはいけない

 フェース面にボールを乗せる感覚

 

この練習でやってはいけないこと

 

・ハンドファーストで構えてはいけない

 最初から右手首が曲がる構えになることから、コックを使ってしまう。

・体を回しすぎてはいけない

 クラブヘッドをインサイドに引きすぎて、インパクトで手首を使ってしまう。

・フェースローテションをしてはいけない

 インパクトでロフトが立ち、フェース面にボールを乗せることができない。

まとめ

 

・正しいノーコックスイングのポイントは、以下の4つ

 『右手首は常に伸びた状態』

 『ヘッド軌道はターゲットに対して、常に真っすぐ』

 『大きくゆったり振る』

 『ボールをフェースに乗せて運ぶ感覚』

 

・この練習でやってはいけないことは、以下の3つ

 『ハンドファーストで構えてはいけない』 

 『体を回しすぎてはいけない』

 『フェースローテションをしてはいけない』

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - 方向性