ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【フェースちょい左とは?】ドライバーのインパクトで当たり負けない

      2016/04/03

 

フェース

前のページでは、

クラブヘッドの動きはターゲットに対し真っすぐに動き、

インパクトではフェースの向きが少し左を向くことで、

ターゲットに真っすぐ打つことができることを説明致しました。

 

しかし、インパクトでフェースの向きを左に向ける方法を間違うと

引っ掛け・チーピン・ダグフックというボールが左に曲がるミスになります。

 

本ページでは、正しいフェースの左の向け方について説明致します。

 

その前に、本ページをより理解してもらうためには

下記のページを読んで頂かなければ理解できないと思いますので、

先に読んでいただければと思います。

 

上のページから順番に読んで頂ければ、ドライバーの飛距離と方向性をアップする方法が解ります。

 

では、ドライバーをターゲットに真っすぐ飛ばすための、

フェースを少し左に向ける正しい方法をご説明致します。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

腕・手首なとを使って、インパクトでフェースを左に向けてはいけない。

 

ドライバーで当たり負けを考えて、インパクトのときに腕・手首を使ってはいけません

 

腕・手首を使ってフェース面の向きを合わせている方と思いますが、うまくいっていないと思います。

 

腕・手を使ってフェースを左に向けてはいけない理由は2つあります。

 

スポンサードリンク

理由① フェースを左に向ける量の調整・タイミングの調整が難しい

 

フェースターンのタイミングが速すぎ・ターン量が大きい

引っ掛け・チーピンなど、の左のミスになります。

 

逆に、フェースターンが遅すぎ・ターン量が少ない

スライス・プッシュスライスなどの、右へのミスになります。

 

とくにドライバーは、クラブヘッドが高速に動く中で、これらを合わせるのは至難の技です。

 

理由② 腕・手首を使ったターンは、フェースターンのスピードが遅い

 

仮に、正しくフェースを少し左向きに出来たとしても、

それが腕・手首を使って行なわれたものであれば、当たり負けします。

 

なぜなら、腕・手首を使っても、フェースが左を向くスピードが遅いからです。

 

とくに、ドライバーショットは、クラブヘッドが高速で動くため、

フェースが左に向くスピードも、早くなければなりません。

 

フェースターン量・タイミングを一定にし、速いスピードでおこなう方法とは?

 

それは、シャフトの逆しなり(シャフトが左にしなる)を使えばいいのです。

 

シャフトのしなるスピードは、目で追うことができないほどの速さです。

 

また、ドライバーを同じスピードとリズムで振ることができれば、

しなりのスピード・量はほぼ一定です。

 

これが、安定したドライバーの飛距離と方向性を生む方法です。

 

シャフトの逆しなりは、シャフトが遠心力で伸びきった後でなければ起こらない

 

シャフトの逆しなり(シャフトが左にしなる)とは、どのようなタイミングで起こるでしょうか?

それは、シャフトが『遠心力で一番伸びた後』に起こります。

 

逆しなりが起きない間違ったスイングとは、

ダウンスイングの際、ボールに対して直線的にクラブヘッドを動かしていく打ち方です。

 

なぜなら、ゴルフクラブは、クラブヘッドはグリップより重たいことから、

ダウンスイングでは、クラブヘッドが遅れて下りてきます。

このときのシャフトの状態は、順しなり(シャフトが右にしなる)状態です。

 

結果、インパクトの時点では、

『シャフトが真っすぐ』か『少し順しなりした状態』でボールにヒットします。

ということは、ボールにヒットした時点では、シャフトが逆しなりしていません

 

しかし、このように考える人がいます。

『クラブヘッドがボールにヒットした後に、シャフトが逆しなりするのでは?』

 

この考え方は間違いです。

クラブヘッドがボールにインパクトした後に、シャフトが逆しなりすることはありません。

 

なぜなら、クラブヘッドはボールに必ず当たり負けしますので、それ以上はしなることがありません。

 

また、ボールにヒットした後に腕・手首を使い強引にフェースを左に向けることは可能ですが

引っ掛けやチーピンになるだけです。

 

ですから、正しいインパクトとは、

シャフトの逆しなりが終わった後にフェースが少し左を向いた状態で、ボールにヒットすることなのです。

 

次のページは、最終章です。

ドライバーの飛距離と方向性を出すための打ち方を、順を追って説明します。

 

↑続きはこちらから

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

 


 - ドライバーが打てない