ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

トップの原因となる間違った切り返しとその直し方

      2016/04/03

crosscut

このページではトップの原因の1つである切り返しの間違いを説明したいと思います。

ちなみにトップとは、ボールの赤道より上の部分をインパクトすることで、ボールが低く飛んでいくボールです。

 

↓その他のトップの原因は、下記2つのページに記載しておりますので、合わせてご覧ください。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

このページを読む上で気をつけて頂きたいことがあります。

ゴルフ用語でもう1つ『トップ』という言葉を使う場合があります。

それは、テークバックでクラブを上げたときの一番高い位置のことを『トップ』といいます。

わかりやすいようにするため、一番高い位置のことを『トップ位置』というようにします。

 

みんながよく行なっている切り返しの方法は、こんな感じです。

 

あなたはどのようにして、切り返しを行なっていますか?

多分、このように切り返しを行なっているのではないでしょうか。

 

まず、テークバックからトップに向かっていきます。

トップ位置では、少しコックを入れます。

ちなみに、『コック』とは、伸ばしている手首を曲げて、クラブにタメを作ろうとする動きのことです。

 

ここから、切り返しです。

切り返しでは、まず、腰の回転からスタートします。

その時に、手とクラブの位置は動かさないようにします。

そうすることで、腰とクラブの捻転差を作り、ヘッドスピードをあげる原動力とします。

 

また、手首のコックですが、切り返し時にもそのままの状態を維持して、

クラブが腰の高さにくるまでは、その状態を維持します。

 

だいたい、こんな感じの切り返しをしているのではないでしょうか。

しかし、この一連の動きの全てに問題があります。

 

スポンサードリンク

この切り返しの方法が、なぜトップの原因になるのか?

 

一番ダメなのが、腰の回転など、体を使って切り返しをスタートすることです。

切り返しを体で行なうことは、体が左に動きやすく、軸のブレを生じさせます。

 

また、体が左に動きやすいということは、グリップも左に動くこととなり、トップの原因となります。

グリップが左に早く動くと、クラブヘッドを下ろしてくる時間がありません。

結果、クラブヘッドがボールの高さに到達する前に、ターゲット方向に動くことになり、トップとなります。

 

また、もう1つのトップの原因は、『コック』です。

コックをする意味は、手首を使ってボールをインパクトしようとする現れです。

インパクトでボールをすくい上げる動きになり、トップの原因となります。

 

また、コックを入れることで、切り返しのタイミングが遅れ

結果、スムーズにクラブを下ろしてくることができません。

切り返しのタイミングが遅れるということは、遅れた分を腕・手首の動きで補おうとし、

結果、安定したスイングができません。

 

正しい切り返しは、どのようにするのか?

 

まず、トップではコックをしてはいけません。

バックスイングで上がってきたままの状態で、動く必要はありません。

 

次に、切り返しは腕で行ないます。

下記のような、体の軸が左に動くようなことを絶対にしてはいけません。

・腰を切る

・腰を回す

・腰をスライドさせる

・左肩をスライドさせる

 

この2つが出来れば、トップは劇的に減っていくと思います。

↑もっと詳しく切り返しの方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - トップ