ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

ゴルフスイングにコックが必要ない理由(その1)

      2016/04/03

cocking

あなたは、コックの使い方をいろいろと研究していませんか?

雑誌などを見ていても、縦コックとか横コックとか様々な記事を見かけます。

しかし、コックを使うことで、スイングを複雑にしています。

ゴルフスイングは、出来る限りシンプルな方が、再現性が高いです。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

ゴルフボールを飛ばす為には、何が大事だと思っていますか?

 

多分、『ヘッドスピード』と『クラブの芯に当てること』だと言うと思います。

コックを使うと手首の力を使えるため、ヘッドスピードを上げることができます。

ですから、あなたはコックを使っていると思います。

 

しかし、ヘッドスピードが早く、クラブの芯に当たったとしてもボールは飛びません。

ヘッドスピードが上がれば上がるほど、ボールとの衝撃が大きくなります。

これが、当たり負けというやつです。

 

ヘッドスピードが早くなくても、当たり負けさえしなければ、効率よくボールを飛ばすことができます。

 

スポンサードリンク

では、効率の良いボールの飛ばし方とは、どういうことでしょう?

 

それは、ボールを押し潰すということです。

ボールはなぜ飛ぶかというと、ボールはインパクトで潰れた後に、

元の丸い形に戻ろうとする復元力で飛んでいくのです。

ゴルフボールの表面は大変固く、また、内部のゴムも反発力があることからボールは飛んでゆくのです。

 

では、コックを使ってスイングをした場合は、どうでしょう?

 

コックを使って打つということは、ボールを押し潰していません。

ゴルフボールを押し潰すということは、

フェースが同じ方向を向いた状態で、長い時間押しているということです。

 

しかし、コックを使うということは、フェースがターンしてしまいます。

ですから、ボールを拾いにいっているような感じになります。

 

コックを使っても、インパクトではフェースターンを止めればいいじゃないかと考えますよね?

 

それではダメなんです。

ゴルフとは面白いもので、右で起こったことが、反対に左でも起こります。

また、上で起こったことは、下でも起こります。

 

ですから、トップでコックをするということは、手首を使っています。

結果、インパクトでも手首を使って打つことになります。

これを無理矢理インパクトで止めると、今度は体が突っ込んでしまうなど、別のところに影響が出ます。

↑ゴルフスイングにコックはいらない(その2)はこちら

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - トップ・切り返し