ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

ゴルフスイングにコックが必要ない理由(その4)

      2016/04/03

cock

ゴルフスイングではコックが必要ないということで、今回はその4です。

最近のゴルフスイング理論で、ダウンブローという言葉が良く使われています。

ゴルフクラブにはロフトがあることから、上から下に打ち下ろすように打っていいんだという考え方です。

 

しかし、それではコースに出るとうまく打つことができないのです。

コックを使うとダウンブローを助長します。

コックを使わないことで、正しいスイングを行なっていきましょう。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

コックを使うことで、極端なダウンブローを助長している理由

では、バックスイングを行なうときに、コックを使った場合と使わなかった場合とでは、

どちらが大きなスイングアークが出来るでしょうか?

 

正解は、コックを使わなかったほうが、スイングアークは大きくなります。

コックを使った場合は、クラブヘッドが上に上がっていきますので、スイングアークは小さくなります。

結果、上から打ち込むダウンブローを助長する動きとなります。

 

スポンサードリンク

コックを使ったダウンブローでは、コースでは打つことができないのはなぜか?

コックを使ったダウンブローのスイングで、打ちっぱなしの練習場で打つとすごく良い球がでます。

それはなぜなのでしょうか?

 

それは、練習場の床が固く、マットが滑りやすいからです。

ダウンブローで打ち込んでも、練習場の床は固いので、跳ね返ってきます。

また、マットも滑りやすいことから、練習場ではものすごく良い球が出ます。

 

しかし、コースはどうでしょうか?

コースは練習場と異なり、スイングをしやすい環境にはありません。

 

コースでダウンブローのスイングをした場合、どうなるでしょうか?

まず、ラフの上に浮いたボールや、ショートアイアンでのティーショットは、

クラブヘッドがボールの下をくぐって打てません。

フェアウェイであっても、ざっくりしてしまい、まともに回ることが出来ません。

 

どのようにボールを捕らえることが良いのか?

正解は、緩やかなヘッド軌道で、ボールを横からインパクトすることです。

このような打ち方であれば、ラフで浮いたボール・ショートアイアンのティーショットであっても

クラブヘッドがボールの下をくぐることは、ありません。

 

コックを使ってしまうと、ヘッドが高く上がりやすいことから、どうしてもヘッド軌道が鋭角になります。

結果、練習場で打てても、コースでは打てないということになります。

また、ロングアイアンやウッドは、練習場であってもうまく打つことはむずかしいでしょう。

 

以上、全4回でゴルフスイングにコックが必要のない理由を説明致しましたがいかがだったでしょうか。

↑最後に、コックを使わないで打つにはどのようにしたら良いかをまとめましたので、ご覧ください。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - トップ・切り返し