ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

ゴルフスイングにコックが必要ない理由(その3)

      2016/04/03

cock

本ページは、ゴルフスイングにコックが必要ないことのその3です。

あなたは、ロングアイアンをうまく打つことができますか?

ほとんどの方が、ロングアイアンをきちんと打てていないと思います。

ロングアイアンを打てない理由が、コックにあることをご存知ですか?

 

コックを使わなければ、ロングアイアンもウッドもうまく打てるようになりますよ。

ユーティリティを抜いて、3番アイアンを入れましょう。

 

現在のクラブセッティングは、ロングアイアンを入れずに、ユーティリティを入れていると思います。

クラブの難易度でいえば、やはりロングアイアンのほうがむずかしいです。

しかし、ロングアイアンのほうが方向性を出せるので、打てるようになれば大きな武器になりますよ。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

なぜ、ロングアイアンやウッドは、むずかしいのか?

 

ショートアイアンから順番に打っていったとします。

そのときにある番手から急に打てなくなる人はいませんか?

 

理由はなんでしょうか?

このように質問すると、帰ってくる回答のほとんどが『シャフトが長いから』といいます。

もう少し具体的にというと、長いからボールに正確にインパクトさせることがむずかしいといいます。

 

これは、答えとしては半分といったところです。

正解は、ロングアイアンはシャフトが長いから、しなりが大きくなり、難しいのです。

 

ショートアイアンは、シャフトのしなりが小さいことから、

自分のスイングのイメージをそのまま反映させることができます。

しかし、ロングアイアンはしなりが大きいことから、自分が思っているより、クラブヘッドが後からついてきます。

 

スポンサードリンク

では、どのようにすれば、ロングアイアンをうまく打つことができるのか?

 

それは、シャフトを必要以上にしならせなければ、良いのです。

シャフトのしなりが小さければ、自分の思ったとおりに、クラブが動いてくれるからです。

 

ゴルフクラブは、クラブヘッドが先端についています。

ですから、ゴルフクラブはシャフトがしなりやすいのです。

要するにスイングとしては、クラブヘッドをあれこれと動かさないほうがいいんです。

しかし、コックを使うスイングは、クラブヘッドが動いているため、その分しなりも大きくなります。

 

特に、トップ位置でコックを使った後に切り返しを行なうと、シャフトのしなりが大きくなります。

正しいスイングは、シャフトをどれだけしならせないかに掛かっています。

↑ゴルフスイングにコックが必要ない理由(その4)はこちらです。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - トップ・切り返し