ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

ゴルフスイングにコックが必要ない理由(その2)

      2016/04/03

cock

ゴルフスイングにコックが必要のない理由を全5回に分けて、説明しております。

今回はその2です。

コックを使わなくて良い理由として、切り返しがスムーズになるというのがあります。

では、具体的にどういうことなのかをご説明していきます。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

まず、一般的なコックを行なうスイングを確認していきましょう。

 

コックのを行なうタイミングなのですが、これは人によってマチマチです。

テークバック後、すぐに行なう人。

腰の辺りにクラブが上がった段階で行なう人。

トップにいった時点で行なう人。 など、様々です。

 

しかし、ゴルフクラブというのは、先端にクラブヘッドがついています。

クラブヘッドは重たいことから、コックをするつもりがなくても、自然にコックをしてしまう構造になっています。

ですから、クラブヘッドがトップの位置にきたときは、全員に共通して、必ずコックをします。

クラブヘッドがトップの位置に来る前にコックを入れる人は、計2回のコックをいれていることになります。

 

そして、切り返しのスタートをコックを使って行なう人が多いです。

やり方としては、トップで少しコックを入れると、反動でクラブヘッドが戻ってきます。

その戻ってくるタイミングを利用して、切り返しをスタートします。

 

スポンサードリンク

コックをしなければ、なぜ切り返しをスムーズに行なうことができるのか?

 

コックを行なわないということは、

クラブヘッドがトップの位置にきたときには、クラブヘッドが止まります。

止まった状態であるからこそ、次の動きにすぐに移ることが可能になります。

 

イメージとしては、このトップの位置から、クラブヘッドが一気に加速していく感じになります。

ですから、コックを使わないスイングのタメはどこにあるのかというと、

トップでの一瞬の静止がタメになります。

 

一般的なコックを使うスイングで、切り返しをスムーズに出来ない理由は?

 

もうわかったとは思いますが、

コックを使うと、トップの位置でクラブヘッドを止まっていません。

次の動きにスムーズに移れないのです。

 

切り返しをスムーズに行なえないことから、コックが戻ってきたタイミングを利用しなければ、

クラブヘッドを加速することができないのです。

↑ゴルフスイングにコックが必要ない理由(その3)は、こちら

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - トップ・切り返し