ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【ウェッジの本数】と【ユーティリティー】クラブセッティング/ゴルフ

      2016/08/10

 

セッティング

ゴルフクラブセッティングって、色々な選択肢があるので迷うところですよね。

ウェッジの本数をどうするか?2本・3本。いや、4本がいいのか。

ウェッジは、アプローチ・バンカーなど使う場面が多いクラブです。

 

ユーティリティーを入れるか?本数はどうするか?

ユーティリティーは、長い距離を簡単に打つことができるクラブです。

 

3番アイアンを抜くか、5番ウッド抜くかなど、色々と考えます。

 

また、ウェッジを3本・4本入れるのであれば、

ユーティリティーを入れるのは難しくなるかもしれません。

 

迷うところですね。

ゴルフクラブセッティングは、これが正解というものはありませんが、

その人のタイプに合ったセッティングをご提案したいと思います。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

ウェッジの本数は、ピッチングウェッジのロフトで決める

 

アイアンの番手間のロフト差は、何度ぐらいかご存知ですか?

メーカーなどによって違いはありますが、だいたい4度ぐらいです。

また、近年のゴルフクラブは、ロフトが立ってきているのが特徴です。

 

まず、あなたがやらなければならないのは、

お持ちのピッチングウェッジのロフトが何度か?を確認してください。

 

ピッチングウェッジが48度であるならは、52度・58度の2本でも十分だと思います。

ピッチングウェッジが44度であるなら、48度・52度・58度の3本を入れたほうがいいです。

 

アマチュアゴルファーは、1本のクラブで飛距離を打ち分けるのが難しいです。

ですから、ウェッジ3本というのは、かなり便利になります。

 

スポンサードリンク

ウェッジの本数は、ピッチングウェッジの飛距離で決める

 

ピッチングウェッジの通常の飛距離は、100〜110ヤードぐらいの方がほとんどだと思います。

しかし、ピッチングウェッジで130〜140ヤード飛ぶ方は、ウェッジを3本にしたほうが良いと思います。

理由は、130ヤード以下の距離を、ウェッジ2本だけで打ち分けるのは難しいからです。

 

ゴルフはある程度うまくなると、100ヤード以内が勝負になります。

ウェッジを3本以上入れていれば、様々な飛距離を打ち分けが簡単です。

 

ウェッジが3本あると、最初のうちは迷うかもしれませんが、じきに慣れていきます。

逆に3本から2本に減らすと100ヤード以内が難しくなったと感じると思いますよ。

↑こちらの動画も参考になります。

 

ウェッジの本数が決まれば、ユーティリティーを入れるかが決まる

 

ゴルフクラブは、最大14本とルールで決まっています。

アイアンは基本で、5番アイアン〜ピッチングウェッジの6本

これに、ドライバー(1番ウッド)が1本と、パターが1本

この時点で、8本は決まっていますので、残りは6本です。

 

ウッド・アイアンが得意なら、ユーティリティーにこだわらなくていい。

 

ウェッジを3本とした場合は、残りは3本です。

ウェッジを2本とした場合は、残りは4本です。

 

アマチュアゴルファーは、ウッドを使って、長い距離を正確に打つことが難しいです。

ですから、3Wが苦手な方は抜いてください。

その代わりに、4Wか5Wは、必ず入れておきましょう。

 

アマチュアは、5W・7W・3U・4U・5U・4I から選ぶのをおすすめします。

女子の場合は、4Iにこだわらず、ユーティリティーを積極的に入れるとゴルフが優しくなると思います。

 

↑ロングアイアンが打てるようになれば、セッティングも変わってきますよ。

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - ゴルフクラブ