ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【初心者(ビギナー)と上級者で違う】間違ったゴルフボールの選び方

      2016/04/03

ゴルフボール

初心者(ビギナー)の方は、ボールはすぐ無くなるし、あまり差がわからないと思っていませんか?

初心者はディスタンス系を選びがちで、上級者がスピン系のボールを選びがちです。

しかし正解は、初心者は『スピン系』、上級者は『球筋・ヘッドスピードにより異なる』です。

 

初心者(ビギナー)の方は、ボール選びは後回しと思っているかもしれませんが、

初心者のほうが上級者に比べて、ボールの恩恵を受けることが多いのです。

 

ボール選びをしっかりできれば、スコアが縮まります。

いい機会なので、ここで一度ボールのことを勉強しましょう。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

まずは、ボールの選び方に関する基本的な知識をご確認ください。

 

↓『各種ボールの構造・違い』『実際の飛距離結果』『ヘッドスピード毎のおすすめボール』

↓『ツーピース(低価格)』VS『最新スピン系(高価格)』の違い と 2名のゴルフファーのスコア結果

↓『ウレタンディスタンス系』のボールとは?

↓『球筋・ヘッドスピードの違い』によるボールの選び方

 

スポンサードリンク

『ディスタンス系』『スピン系』のボールの違いをしり、選び方の基本を考えなおす。

 

ゴルフボールはなぜあんなに飛ぶかがわかりましたか?

ゴルフボールは、インパクトでボールが潰れた後に、元の丸い形に復元する力を使って飛んでいきます。

ですから、ボールの表面が固い『ディスタンス系』のボールのほうが、復元力が高いために飛ぶのです。

飛距離 『ディスタンス系』>『スピン系』

 

また、ボールの曲がり方などに影響するスピン量については、

ボールの表面が柔らかい『スピン系』のボールのほうが多いのです。

スピン量 『ディスタンス系』<『スピン系』

 

初心者(ビギナー)が『ディスタンス系』のボールを使うと失敗するのはなぜか?

 

初心者(ビギナー)は、方向性が安定していません。

ですから、ティーショットのOBが多く、スコアがまとまりません。

そこで考えがちなのが、スピン量の少ない『ディスタンス系』を選びます。

しかし、これが失敗の元です。

 

ディスタンス系のボールは、表面が固いため、初心者ゴルファーは当たり負けします。

結果、フェースが開いた状態でインパクトしてしまい、右のOBが出ます。

そこで、今度は当たり負けないようにフェースをターンさせて打つと、

フェースターンのやり過ぎで、左のOBとなることが多いです。

 

初心者は『スピン系』のボールを選ぶが正解

 

初心者(ビギナー)がスピン系のボールを選ばないといけない理由は、

・インパクトでボールに当たり負けないから

・スピン系のボールは、打感を感じながら打つことが出来るから の2点です。

 

インパクトで当たり負けず、ボールの打感を感じることが出来れば、

ドライバー(ウッド)であっても、ボールを運んでいくようなイメージでスイングすることができます。

 

上級者は、『球筋・ヘッドスピード』でボールを選ぶ

 

上級者でもヘッドスピードの遅い方は、『スピン系』の柔らかいボールをおすすめします。

ヘッドスピードの遅い方がディスタンス系のボールを使うと、飛距離のロスや力みにつながります。

 

上級者でボールが右に飛びやすい方は、『ディスタンス系』のスピン量の少ないボールをおすすめします。

 

上級者でボールが左に飛びやすい方は、『スピン系』の柔らかいボールをおすすめします。

左に飛びやすい方は力みが多いことから、柔らかくを押し出すような感じで打ってください。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - ゴルフ用品・グッズ