ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【握る力を一定に】初心者はグリップ圧に注意/ゴルフレッスン

      2016/03/15

ゴルフレッスン

今回は、初心者の方にわかりやすく、ゴルフスイングにおける注意点をご説明致します。

まず、初心者の方に注意して頂きたいのが、グリッププレッシャーです。

 

グリッププレッシャーとは、グリップを握る力のことです。

このグリッププレッシャーですが、初心者の方はゴルフクラブを振るということに慣れていません

ですから、ゴルフクラブが大変重たく感じます

 

ゴルフクラブが重たく感じるということは、どうしても強い力で握ってしまいます。

まずは、出来る限り力を抜いてグリップするということが大事です。

ここまでは、周りの方から教えてもらえると思います。

 

しかし、グリップを握る強さは、力を抜いて握ることだけでは足りません

『スイング中に一定の力で握る』ことも大事なのです。

この点については、説明してくれる方が少ないと思います。

 

なぜ、グリップをスイング中に一定の力で握る必要があるのでしょうか?

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

グリップの動くスピードを一定にするために、グリッププレッシャーを一定にする

 

ゴルフは、クラブヘッドでボールを打つため、クラブヘッドのスピードを特に意識します。

しかし、動いているのは、クラブヘッドだけではありません。

握っている場所である『グリップ』も動いています

 

クラブヘッドのスピードをコントロールするのは、グリップです。

安定してスイングするためには、『グリップの動くスピードが一定』でなければなりません。

グリップの動くスピードを一定にするためには、『グリッププレッシャーも一定』にしなければいけません。

 

スポンサードリンク

グリップの握る力が変化すると、グリップスピードが急激に変化するからダメ

 

ゴルファーの心理としては、

『ボールを遠くに飛ばさなければならない』

『ボールをしっかりミートしなければならない』などを意識してしまいます。

 

ですから、バックスイング(テークバック)ではグリップの力を抜いていても、

『トップからの切り返し』や『ダウンスイング』になるとグリップに力が入りやすくなります。

 

これでは、バックスイングでのグリップは一定のスピードで動いていたとしても、

トップからの切り返しやダウンスイングでは、グリップの動くスピードが一気に速くなってしまいます。

 

グリップの動くスピードが急激に変化すると、シャフトがしなり過ぎるからダメ

 

ゴルフクラブは、シャフトの先にクラブヘッドがついています。

また、シャフトは細く・柔軟性があります。

ですから、ゴルフクラブというのは、シャフトが大変しなりやすい構造になっているということです。

 

グリップを一定のスピードで動かせば、シャフトはそれほどしなりません。

しかし、グリップのスピードが急激に速くなると、シャフトは大きくしなります。

 

シャフトが大きくしなるほど、ボールに正確に当てることが難しくなる

 

質問です。

『固い木製の棒』と『柔らかいゴム製の棒』があります。

棒を持ってゴルフスイングのように振った場合、

地面にある小石に正確に当てるには、どちらの棒が適しているでしょうか?

 

正解は、『固い木製の棒』です。

 

『固い木製の棒』は、自分の思い通りに棒を動かすことができますが、

『柔らかいゴム製の棒』は、グニャグニャとしているため、自分の思い通りに振ることが難しいです。

 

ゴルフの場合も同じです。

ゴルフクラブのシャフトをしならせるほど、ボールに当てることが難しくなります。

 

ボールに当たる手前までは、シャフトはしならせなくていい

 

初心者の方や、90が切れない方の多くが、シャフトをしならせてボールを飛ばすと思っています

これは、完全に間違った考え方です。

クラブヘッドを正確にボールに当てるためには、シャフトのしなりを抑えなければいけません

 

どんなにヘッドスピードが速い人でも、クラブヘッドを正確にコントロールできないと全く飛びません

ボールを飛ばす方法は、シャフトのしなりではなく、別の方法で行ないます。

ボールを飛ばす方法については、別のページで説明します。

 

初心者の方は、

『グリッププレッシャーを一定』にして、

『シャフトをしなりを抑えて』

『クラブヘッドを正確にコントロールする』ことを練習してください。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - 初心者