ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【ゴルフ】ビジネスゾーン(インパクトゾーン)は3つをチェック

      2016/04/03

 

ビジネスゾーン

あなたは、ビジネスゾーン(インパクトゾーン)という言葉をご存知ですか?

ビジネスゾーン(インパクトゾーン)とは、

腰から腰までの間のエリアのスイングのことをいいます。

 

なぜ、ビジネスゾーンというかといえば、

プロゴルファーは、ご飯を食べるために良いショット・良いスコアを出さなければなりません。

そのために一番重要なのが、このビジネスゾーン(インパクトゾーン)というエリアになんです。

このエリアが安定すれば、良いショットが打てて、良いスコアになる。

結果、賞金を稼ぐことができるということから、ビジネスゾーンと言われています。

 

では、ビジネスゾーン(インパクトゾーン)の練習・ドリルをするにあたって、

注意しなければならないことが3点ありますので、その点をご説明致します。

 

また、ビジネスゾーン(インパクトゾーン)の練習は、ハーフスイング(ハーフショット)で行ないます。

ハーフスイング(ハーフショット)とは、腰から腰の高さのスイングのことです。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

ハーフウェイダウンでのクラブヘッドの位置は、真下がターゲット(飛球線)の線上

 

ハーフウェイダウンとは、クラブが腰の高さにある位置のことをいいます。

このときに気をつけなければならないのは、クラブヘッドの位置です。

 

正しいクラブヘッドの位置は、クラブヘッドがターゲット(飛球線)の線の上です。

自分から見た場合は、右斜め前の位置になります。

この位置にあることで、クラブヘッドをボールに向けて真っすぐに下ろしてくることができます

 

間違ったクラブヘッドの位置は、右腰の横にあることです。

これは、バックスイング(テークバック)で、

体を回しすぎているか、クラブヘッドをインサイドに引きすぎていることが原因です。

 

バックスイングは体を回さずターゲット(飛球線)の後方へ真っすぐ上げてください。

 

スポンサードリンク

フェースターン(リストターン)をしない

 

次に大事なのが、スイング中にフェースターン(リストターン)をしないことです。

 

フェースターン(リストターン)とは、手首や腕などを使って

フェースをターンさせながらスイング・インパクトをすることです。

 

これは、アマチュアゴルファーがスライスが多いことから、このような打ち方が推奨されています。

しかし、フェースターン(リストターン)は、タイミングを間違うと方向が定まりません

また、ボールをこすってしまい、飛距離も全く出ませんのでやらないでください。

 

正しくは、スイング中にフェースをターンしてはいけません。

これは、インパクトの時だけではなく、

バックスイング(テークバック)からフォロースイングまでの全部です。

 

しかし、ゴルフスイングにおいて、全くターンさせないということはできません。

フェースターン(リストターン)は、最低限に抑えてください。

 

体重移動(ウェイトシフト)をせず、体幹を真っすぐにして、スイング軸を安定させる

 

最後に、体重移動(ウェイトシフト)しないことが大事です。

 

体重移動をすると、スイング軸がターゲット側(左側)に移動します。

結果、インパクトが安定せず、ダフリやトップになります。

 

体重移動は、バックスイング(テークバック)の始動から、スイングの終了までしないでください。

 

 

↑松山英樹プロのアプローチショット。解説も参考になります。

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

 


 - インパクトが不安定