ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【脱ボディーターンで重心安定】身体を動きを抑えれば、腕が脱力した効果的な手打ち/ゴルフスイングのコツ

      2016/09/26

golfer-851852_640

正確にインパクトするためには、脱力する必要があります。

しかし、脱力しすぎても、不安定になります。

脱力しながら、安定するためには、どのようにすれば良いと思いますか?

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

ボディーターンで打つが正しいのか?

 

ですから、ゴルファーの大部分は、

腕を使うと小手先の動きになるため、ボディーターンでスイングしようとします。

 

しかし、これは間違いです。

体が動きすぎると、軸が動きすぎてしまいます。

 

スポンサードリンク

体を動かしてしまうとよくないもう1つの理由とは?

 

ゴルフの体を動かすということは、上半身をひねるという動きです。

それだけ、力を使っています。

力を使うということは、体が逆に固くなってしまいます。

 

体を動かすほど固くなるというのは、少し矛盾を感じる人もいるのではないでしょうか?

体を動くということは、柔らかいからできるのではと考えませんか?

しかし、これは違います。

 

ゴルフなどのスイングをするという動きは、軸を動かさないようにすることが重要です。

軸を動かさないためには、体の動きを止める必要があります。

ということは、体を固めるということです。

 

軸が動かないように体を固めつつ、体を使ってスイングするというのは、無理な話です。

 

スムーズなスイングとは、体を固めて、腕を脱力

 

スムーズなスイングとは、体の動きと腕の動きを分けて考えなければなりません。

ゴルフスイングで一番大事なことは、スイング軸をどれだけ動かさないかです。

スイング軸が動かないことで、再現性の高いスイングができます。

 

スイング軸を動かさないようにするためには、体を動かさないことです。

バックスイングの始動からインパクトまで、全て腕だけで行ないます。

ボディーターンの考え方を捨ててください。

 

次に腕の動きです。

腕は、できる限り脱力することが必要です。

そのためには、グリップ・肘・脇・肩の全てを脱力しなければなりません。

 

これだけ脱力すると、不安定になるのではないかと考えがちですが、大丈夫です。

それは、体が動いていなからです。

土台がしっかりしていれば、脱力した腕であっても、コントロールすることができます。

今すぐボディーターンは止めてください。

 

【長時間ボールを押し潰せ】ドライバー(ウッド)の飛距離アップのコツ

↑ボディーターンを止めれば、飛距離アップも簡単にできます。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - スイング軸が安定しない