ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

べた足【右かかとが浮かないヒールダウン】の打ち方のコツ/ゴルフスイング

      2016/04/03

 

かかと

最近とくに、べた足(右足かかとが浮かせない)で打ちたいという方が増えてきました。

それは、アン・ソンジュ選手や、イ・ボミ選手を中心とした韓国人プロゴルファーの活躍が大きいです。

 

しかし、今までの日本で言われてきたゴルフスイング理論では、右かかとが浮いてしまいます

 

では、どのようにすれば、べた足(右足踵が浮かない)スイングのコツとは?

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

昔からの日本のスイング理論では、右足かかとが浮いてしまう。韓国人選手を参考に

 

昔から日本で言われている打ち方は、こんな感じです。

 

バックスイング(テークバック)では、腰・胸・肩をしっかり回していきます。

そして、トップ位置まできたら、

切り返しは腰を回したり、スライドさせたり、肩を動かしたりなどで行ないます。

このように、体を大きく捻り・動かすスイングを『ボディーターンスイング』と言います。

 

このようなボディーターンスイングでは、右足踵を浮かさないことは難しいです。

体を大きく使うということは、ただでさえ左に体重が移動しやすいです。

 

また、ダウンスイングの始動(切り返し)を腰などから行なうと、

下半身が左へ移動しますので、右足踵が上がります。

 

スポンサードリンク

右足踵が上がらないベタ足(ヒールダウン)スイングのコツは、ハンドレイトで構えて重心を右にする

 

アドレス(構え)の段階で、重心を右側に置いておきます。

 

その方法は、ハンドレイトです。

ハンドレイトのグリップ位置(手元の位置)が、体の中心より右寄りになり、重心も右側になります。

このときに気をつけるのが、重心が右にいっても、スイング軸(体幹)が右に傾かないようにしてください。

 

よく言われるハンドファーストのアドレスは、グリップ位置が体の中心より左寄りにあります。

これでは、重心が左側になり、スイング中に右足が引っ張られて、右足かかとが浮いてしまいます。

 

スポンサードリンク

べた足スイングのもう1つのコツは、腰から切り返しをしないこと

 

腰から切り返しをした場合、腰が左へ回転やスライドをします。

そうすると、右腰だけでなく、右ひざ・右太ももも前に出ますので、

結果、右足のかかとが浮いてしまうのです。

 

正しい切り返しは、体を止めて、腕から行なってください。

要するに、手打ちをすればいいのです。

体よりも手・腕をしっかり使うことで、ヘッドスピードが増します。

また、体を動かさず、右足かかとが上がらないことで、スイング軌道が安定し、高いミート率となります。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - インパクト