ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【まずは手打ちから】初心者のドライバー練習方法/ゴルフスイング

      2016/09/26

ゴルフ初心者ドライバー練習

ドライバーも他のクラブもそうですが、腕の力を有効に使わないといけません。

腕と身体が同時に動くということは、身体の使いすぎです。

初心者の方は、まずドライバーの手打ちから練習しましょう。

ドライバーの手打ち練習の際に、これらのことに注意して行なってください。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

身体は土台。動かさないことで腕が効率よく使える

 

ゴルフスイングはボディーターンでと言う方がいます。

これは昔から言われているスイング理論ですが、これがゴルフを難しくしています

なぜなら、身体を動かすほどにスイング軸がブレてしまうからです。

 

スイング軸となる身体は土台と考えます。

土台が安定することで、腕がリラックスして、柔らかく使うことができます。

 

ここで気をつけないといけないのが、脇を締めてはいけません。

 

脇は、身体と腕をつないでいる部分です。

脇を締めたり・力を入れたりしていると、腕を自由に動かすことができません。

また、腕の動きに吊られて、身体も動いてしまいます。

 

脇を締めずに力を抜いて、リラックスして打ってください。

 

スポンサードリンク

インパクトでクラブヘッドを止めてください。シャフトが勝手にしなります。

 

一般的にはクラブヘッドは振り抜くと言われていますが、自分の力で振り抜いてはいけません。

自分の力で振り抜くとシャフトがしならないまま、スイングが終了してしまいます。

 

インパクトでクラブヘッドを止めると、クラブヘッドはどのような動きになるか分かりますか?

 

シャフトがしなり、ボールが勝手に捕まるのです。

結果、クラブヘッドが自然にインサイド側(ターゲットより左側)に抜けていくのです。

 

クラブヘッドを止めるためには、腕の力を使わなければなりません。

ですから、ドライバーを手打ちで練習することは、非常に重要なんです。

 

クラブフェイスのトゥ側でインパクトしてください。

 

トゥ側(クラブヘッドの先っぽのほう)でインパクトしてください。

 

クラブヘッドのトゥ側でインパクトすれば、ボールに少し当たり負けします。

結果、インパクトした時のフェースの向きより、少し右を向いて開いて当たります

 

インパクトでクラブヘッドを止めて打つ場合は、少し当たり負けして正解なんです。

 

なぜ当たり負けして良いのかは、この続きを読めば分かります

 

インパクトでクラブヘッドを止めて、トゥ側でインパクトすれば真っすぐ飛びます。

 

インパクトでクラブヘッドを止めると、

シャフトがしなり、クラブヘッドが勝手にインサイド側に抜けていきます。

インサイド側にクラブヘッドが抜けていくと、ボールはターゲットより左側に飛んでいきます

 

しかし、ボールのトゥ側でインパクトすると、当たり負けします

 

クラブヘッドはターゲットより左に抜ける

        

フェイスのトゥ側で当たり負けして、フェイスが右を向く

        

相殺されて、ボールは真っすぐ飛んでいきます。

 

クラブフェースのヒール寄り(クラブヘッドとシャフトが繋がっている側)でインパクトすると、

当たり負けしないことから、クラブヘッドの動きと同じく、ターゲットより左に飛んでいきます

これではダメです。

 

『インパクトでクラブヘッドを止めて』+『トゥ側でインパクトする』

これなら、単純な手打ちでも、真っすぐ遠くに飛ばすことができます。

 

あなたもやって見てください。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - ドライバーが打てない