ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【ゴルフ】脇をしめるスイングは方向性が悪い・飛ばない

      2016/04/03

脇

あなたの周りで脇をしめてスイングしている人がいると思います。

脇をしめるということで、スイングを安定させているのだと思います。

しかし、脇を力でしめるということは、問題があります。

ここでは、脇をしめる際のポイントについて、説明していきます。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

脇をしめてはいけない。リラックスさせながら締まっていることが重要

 

正しい脇の状態とは、リラックスしているにも関わらず、無駄な動きがないことです。

脇に何か物を挟んでいるかのように、力を入れてスイングするのはいけません。

 

スポンサードリンク

脇をしめてはいけない理由

 

・腕が柔軟に動かなくなる

脇をしめていると、どうしても腕まで力が入ってしまいます。

また、腕の稼働範囲を狭めることになります。

 

・体が回りすぎる

脇をしめてスイングすると、腕が使いにくくなります。

そこで、体を回してスイングしようとします。

体を回してスイングするということは、クラブヘッドをインサイドに引きすぎることになります。

 

・方向性が出せない

クラブヘッドがインサイドに入りすぎると、スイングが円軌道になります。

方向性を出していくためには、できる限りクラブヘッドが直線軌道で動くことが重要です。

クラブヘッドが円軌道だと、方向を合わせるためには、フェース面を合わせることになります。

フェース面を合わせるために、手首などを使っておこないます。

結果、スライス・フック・チーピンなどの様々なミスにつながります。

 

・飛ばない

ボールを飛ばすためには、ボールを押し潰すことが必要です。

ボールを効率よく押し潰すためには、長い時間同じ方向から押し続けることが必要です。

脇をしめた円軌道のスイングは、インパクトの時間が大変短いため、ボールを潰すことができません。

結果、全く飛ばないということになります。

 

右脇と左脇の正しい状態とは?

 

正しい脇のしめ方とは、アドレスをハンドレイトにするだけで可能です。

 

ハンドレイトのアドレスは、グリップ位置が右太ももの前になる。

左手が右太ももの前にくることで、左脇は力を入れなくても勝手に締まります

 

右脇は、スイング中に開いて構いません。

右脇が開くことで、バックスイングが大きくなり、結果、飛距離につながります。

 

右脇が締まると、縦に長いスイング軌道になり、上から打ち込むようになる。

右脇が開けば、横に長いスイング軌道になり、ボールを横からクリーンに打てる。

 

まとめ

 

・脇はリラックスして無駄な動きがないことが重要。力でしめるのではない。

・脇をしめると、『力が入りすぎる』『腕が動かない』『体が回りすぎる』『飛距離・方向性ともに悪くなる』

・アドレスをハンドレイトにすれば、左脇が勝手に締まる。

・右脇は開いても、構わない

・右脇が開くと、横に長いスイング軌道になり、ボールの横からクリーンにインパクトできる。

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

 


 - アドレス