ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【フェアウェイからのアプローチ】でダフらない打ち方/ゴルフレッスン

      2016/03/24

フェアウェイアプローチ

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

あなたはフェアウェイからのアプローチが得意ですか?

ナイスショットでフェアウェイをキープしても、その後のミスでガックリという方が多いと思います。

アマチュアゴルファーの多くは、フェアウェイからのアプローチショットが苦手です。

 

これがラフからのアプローチは得意だという方が多いと思います。

ラフの場合はボールが浮いている状態なのでダフリやザックリを気にせずに打てるからです。

フェアウェイからのアプローチのミスのほとんどがダフリとザックリです。

 

しかし、ダフリやザックリが怖くなると、ボールに打ち込めずに、結果、トップになってしまいます。

フェアウェイからのアプローチは、ソールを滑らせる必要があります。

どのようにすれば、より滑るようになるでしょか?

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

トゥダウンならソールが滑る

 

アドレスの際にクラブヘッドをボールの横にセットしますが、

この時にソールのトゥ側(先端側)だけを地面につけて、ヒール側(シャフト側)は浮かせてください。

この形はインパクトでも同じです。

スイング中にヒール側が地面に触れることはありません

 

またトゥダウンで構えると、グリップは身体から離れて、バンドアップになりますが、これが正解です。

 

スポンサードリンク

ボール位置は身体に近づける

 

グリップが離れるとスイングが不安定になると感じるのではないかと思います。

しかし、ボール位置を近づけることで、ミスがなくなります。

 

グリップ位置は右太ももの前

 

グリップ位置が身体から離れることは先程説明しましたが、よりソールを滑らせるためにもうひとつ重要なことがあります。

それは、右太ももの前でグリップすることです。

右太ももの前でグリップすると、リーディングエッジ(クラブの歯)が地面から少し浮き、地面に刺さりません。

 

逆に、左太ももの前でグリップすると、リーディングエッジが地面に付いて、刺さりやすくなります

アドレスでのグリップの位置は、右太もも前で、加えて、身体から離して握ってください。

これで、ソールが滑りやすいアドレスの完成です。

 

この形は、ハンドレイトのアドレスといいます。

ハンドファーストとは真逆になります。

ハンドレイトが正解です。

 

シャフトが立つから方向性が出せる

 

グリップを右太もも前で身体から離して、ボール位置は身体に近づけると、シャフトの角度はどうなるでしょうか?

シャフトは立ちます。

シャフトが立つと、クラブヘッドを縦振りしやすくなり、方向性が出しやすくなります。

 

今まで横振りで振っていた方から、縦振りだとダフリやすいのではないか?と言われそうですが、全く問題ありません

なぜなら、ハンドレイトでアドレスしているのでリーディングエッジが刺さりにくいからです。

 

また、ヒール側は浮かせて、トゥ側しか地面に触れていないため、地面との摩擦抵抗も少ないです。

あとは、バックスイング(テークバック)でクラブヘッドをターゲットの反対方向に真っ直ぐ上げて、

そのまま真っ直ぐ下ろすだけです。

 

ダフることはありませんし、クラブヘッドをターゲットに対して真っ直ぐしか動かさなため方向性も出せます

これなら、オープンスタンスで構える必要もありません

これで、フェアウェイからのアプローチも怖くないですよ。

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - アプローチ