ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

アプローチのダフリ防止と原因【ハンドレイトで直す】/ゴルフ

      2016/04/04

golfer-851035_640

あなたはアプローチをどのように行っていますか? 

一般的なアプローチは、こんな感じです。

 

まずは、アドレスから。 

体を少し開いて立ち、ボールは右足の前あたり。 

左足に体重をかけて、グリップは少し飛球線方向に倒したハンドファーストの形。 

 

そしてスイングに入ります。 

テイクバックの始動は、体の回転でおこないます。 

その際に腕は一切使いません。

 

ヘッドの起動はテイクバックでインサイドに入り、

ダウンスイングでは回した体を元に戻すことで、ボールにインパクトします。 

 このやり方は、10ヤード以内の短いアプローチの場合には有効です。 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

しかし、もっと長い距離のアプローチを打つときに、このこの体を使ったアプローチの方法でうまくいくでしょうか? 

 

体の回転を使うアプローチは、飛距離が長くなればなるほど、体を大きく動かさないといけなくなります。 

そうすると軸がブレやすくなり、正確にミートすることが難しくなります。 

体の回転だけでテイクバックをすると、クラブヘッドがインサイドに上がることになることから、

シャンクの原因となります。 

 

スポンサードリンク

また、ハンドファーストで構ると、リーディングエッジ(クラブヘッドの端部分)が地面の方向を向きます。 

 

という事は、スイングの際にリーディングエッジが地面に刺さり、結果、ダフリやすくなります。

加えて、ハンドファーストのアドレスは、右手首がくの字型に折れ曲がっていることから、

インパクト手前で手首のリリースをしなければならず、結果、インパクトが安定しません。 

 

では、アプローチはどのように打てばよいでしょうか? 

 

アプローチもフルショットも同じように行えば良いのです。 

アプローチだからと言って体の回転だけで打つのではなく、腕をしっかり使って行います。 

 

まずアドレスですが、オープンスタンスでもストレートのスタンスでも構いません。 

ボールの位置もその時のライや傾斜で変わりますので、固定する必要はありません。 

体重は右足にかけます。 

                ↓

グリップは体の中心にきて、シャフトもまっすぐにし、ハンドレイトぎみになります。 

そうすることで、ダフリやトップを防ぎ、安定したボールの上がり方を確保できます。 

                ↓

テークバックでは体が回らないように固定し、腕だけで飛球線方向にまっすぐテークバックします。 

ダウンスイングも同様に、体を固定し、まっすぐに下ろしてきます。 

 

最後に、インパクトと同時に、右側にあった体重を移動して、単なる手打ちにならないようにすれば完璧です。 

 

まとめ 

 

・アドレスは、右足体重、シャフトはまっすぐでハンドレイトぎみ 

・腕でまっすぐにテークバックし、まっすぐにダウンスイング 

・インパクトと同時に体重移動

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - アプローチ