ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【ゴルフスイング基本】アドレス(構え方)の膝は曲げてから伸ばす

      2016/04/03

address knee

ゴルフスイング中の膝は、スイングを安定させるために重要な役割を果たしています。

膝は曲げたほうがいいのか、伸ばしたほうがいいのかといろんな考え方があると思いますが、

理にかなった膝の曲げ方・角度の決め方をお教え致します。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

アドレスでの膝は、まずは曲げて、その後に伸ばすが正解

 

アドレスの時の膝の曲げ方は、以下の手順で行なってください。

 

ゴルフクラブを持って、ボールの横の地面にクラブヘッドを置き、ターゲット方向に構えます。

まずは、上半身だけ前傾させます。そのときに膝は伸びたままです。

                ↓

膝を深く曲げます。クラブヘッドはそのまま動かしません。

                ↓

最後に膝を伸ばします。伸ばし方の程度は、膝がグラグラとならない程度まで伸ばします。

そうすると、膝はほとんど伸びた状態から少し曲がった程度になると思います。

これがアドレスでの正しい膝の角度の決め方です。

スポンサードリンク

アドレスでの膝の角度は、コース状況などによりスイングが変わるため、一定の角度ではない

 

アドレスでの膝の角度を決めて、スイングをしたがる人がいますが、それで良いのでしょうか?

ゴルフコースは、起伏があり、足場が芝・砂・土など、一定の状況ではありませんよね。

様々な状況に対応するためには、膝の角度などもその状況に対応したものでなければなりません。

ですから、膝の角度を決めて打てるのは練習場だけなので、その場その場に合わせた膝を決めることが必要です。

 

膝は伸ばしすぎても、曲げすぎても、上下左右に軸がぶれる

 

では、膝をピンッと伸ばしてスイングした場合は、どうなるでしょうか?

膝は伸びれば伸びるほど、下半身の力が抜けます。

下半身に力が入っていないと良いように思いますが、踏ん張りが全く効きません。

結果、スイングの勢いに負けて、体ごと浮いてしまいます。

 

逆に、膝をしっかり曲げてスイングした場合は、どうなるでしょうか?

膝は曲げれば曲げるほど、力をいれないと維持できなくなります。

結果、下半身に余計な力みが入ります。

また、下半身に力をいれているわりには、軸が左右に動きやすく、スイングが安定しません。

まとめ

 

・足場の状況により膝の角度は変わる

・アドレス時の膝の作り方は、クラブをセットした後、思い切り曲げて、その後に伸ばす

・膝はピンッと伸びている状態から、少し曲がった程度がちょうど良い

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - アドレス