ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【自分のアドレスは見れないから難しい】構え方をチェック/ゴルフスイング基本

      2016/04/04

golf-534790_640

アドレスは飛球線に対して、体を平行に構えることで、

正確なボールを打つ事ができ、それを何度も続けることができます。

 

ありがちな間違いとして、ボールの落下地点に対して、体を向けている方がいます。

正解は、ボールの落下地点より、すこし左側に体を向けなければなりません。

 

クラブフェースは、落下地点を向いて正解ですが、体とクラブフェースは離れています。

ですから、体までボールの落下地点を向いていると、飛球線に対して平行に構えていないことになります。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

アドレスのスタンス幅の基本は?

 

スタンス幅は、広すぎると体が左右に動きやすく、狭すぎると体が回りすぎます。

幅については特に決まりはないため、ご自身で一番安定する幅を決めてください。

又、同じクラブを持っていても、フルスイングの時はスタンスが広く、アプローチの時はスタンスが狭くなります。

 

スポンサードリンク

スイングの軸はどこにある?アドレスの基本で一番大事

 

スイングの軸は一般的には首の後ろから、背骨を通り、腰まで一本の棒がある状態です。

ゴルフスイングは体を回転しますが、軸が前後左右に動かないことが重要です。

スイング軸は全く動かないというのは無理な話ですが。

 

スイング軸が動きすぎた場合、正確にボールをミートすることができません。

また、ボールに当たっても飛びません。

 

頭を下げると軸が曲がる。アドレスの基本は一本の棒

 

頭を下げると軸に対して首が曲がってしまい、スイングの勢いに負けて、軸を維持できません。

又、頭を下げると、テークバックで左肩を回そうとしても、

顎がじゃまになり、しっかり左肩を入れることができなくなります。

 

お尻が下を向いていませんか?アドレスの基本は一本の棒②

 

お尻が下に向いている場合、上半身が起き上がって軸を維持する事ができません。

お尻を上に引き上げて、股関節から上体を前傾させることが、基本です。

 

アドレスで下半身をどっしりさせることが基本。逆に上半身はリラックス

 

ゴルフスイングの理想は、下半身に無駄な動きがないことが重要です。

下半身が安定することで、上半身がリラックスして動きます。

 

下半身を安定させるには、重心をどこにあるかを確認してください。

母指球の上に、重心がなければなりません。

 

つま先体重の場合、スイング中に前のめりになります。

かかと体重の場合、後ろに倒れそうになります。

 

又、下半身を安定させるためには、テークバックの時から動かしすぎないことです。

ゴルフスイングは、テークバックで起きたことが、フォローにて同じ動きが発生します。

 

アドレスは自分では確認しにくい。基本は誰かに見てもらおう

 

今回はアドレスについて話をしていますが、

自分のアドレスがどうなっているかを自分で把握することは大変困難です。

 

当たりはよかったけど左へ飛んでしまった場合、

スイングが悪かったのか、アドレスで左を向いていたのかが、解りません。

 

1人で黙々と練習したいという方もいらっしゃるかと思います。

しかし、たまには他の人に見てもらう事で、思ってもみないことが発見できるかもしれませんよ。

 

最後に、コースに出ると様々な起伏があり、基本の構えができるとは限りません。

形にこだわりすぎると、コースに対応できませんので、その点も覚えておいてください。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - アドレス